ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

分岐点あるいは乗継

いつの間にやら今年も終わりかけている。毎年毎年、あっという間に師走だと思っているのだが、今年は抜群の速さで過ぎ去った。ブログは数ヶ月も放置していた。

 

今後の自分の生活、というか、生き方について真剣に考える事を迫られた。いくらリモートワークやテレワークが一般的になってきたとは言え、どこに住むのかは仕事と収入に直結する。東京と地方では賃金差が大きいからだ。お金はないよりあった方が良い。大金持ちになる必要などこれっぽちもないが、心がささくれないくらいの懐具合にはなっていたい。

 

ついに日本でもインフレが始まろうとしている。というよりもこの20年間、デフレが続いていた事を痛感してしまった。ここ半年の間、九州で仕事を探していたのだが、20年前に九州で働いていた時と派遣社員の時給がさほど変わらない事に驚愕した。賃金が上がっていない事が恐ろしくてたまらない。その現実を思い知って、まだしばらく東京で働く事にした。ところが、あれよあれよという間に私が想定していたレールから逸れていった。選んだレールは責任が重くなり、そうそう逃げ出せない事になってしまったが、私が決めてしまったのだ。あとはやるより仕方ない。なんとかなるだろう。

 

自分の事だけならば、これまでもなんとかなってきた。だがそこに両親の事が加わると、なんとかなる自信が途端に萎む。次のレールの分岐点がどこになるのか不安な気持ちで一杯だ。

 

線路は続くよどこまでも♪

 

f:id:bs313:20211229140838j:plain

 

見慣れた福岡空港の景色だが、空港ターミナル内は改修工事ですっかり変わってしまい、最早知らない空港のようだった。博多駅も既に私が住んでいた頃とはすっかり変わっている。時間は確実に過ぎ去って行く。

年末年始ではなく、早めに休みをとって年内の内に帰省をすませ、羽田空港からの移動中に年送りのブログを書いている。実に二年半振りの帰省だった。

 

面倒な事はさっさと済ませ、三年連続で元旦は独りゆったりできる。

初笑いにモンティ・パイソンでも見ながら寝正月しよう。

 

今年一年ありがとうございました。

来年もまた宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。