ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

そして東京砂漠

気がつくと八月は終わり、九月になっていた。
この1週間はエアコンが全く必要ないほど涼しい。
どうなってんだ、狂った季節感。

先日、賃貸契約更新のお知らせがあった。離婚してこの部屋に引越してそろそろ二年が経ってしまうのだ。今年の春に桜を見た時、季節が一回りしたんだな、と感慨に耽ったのも束の間。一回りどころか、ふた回りというわけだ。そして東京砂漠を痛感している。

私が契約した事のある九州の賃貸物件では契約更新時の更新料は事務手数料の数千円だけだった。だが東京の賃貸契約更新時には家賃ひと月分が請求される。高額な更新料が発生する事には契約してから気が付いた。さすが東京砂漠、いや参った。。。と挫折感を味わった。それから二年近く経ち、遂に更新手数料を支払う時がやって来たのだ。引越した時には当時の勤務先への通勤が楽な事が最優先だった。やっと毎日の食事の用意から解放されると思うと、ミニキッチンで十分だと思っていた。部屋も帰って寝るだけだ、狭くて全然良いと思っていた。それがパンデミックで、在宅勤務だわ、自炊だわ、全てが想定外である。一口コンロは実に不便だし、まな板を使うのも大変だ。在宅勤務でテーブルはパソコンと資料に占領されている。オンラインミーティングでカメラをオンにする場合は、やれ洗濯物が映らないようにしなきゃだの、ベッドが映らないようにしなきゃだの、色々と面倒臭い。背景画像を設定すれば良いのだが、なんかどうもあれは胡散臭くていけない。

仕事の事でも家族の事でも問題がてんこ盛りだ。
どうすれば良いのか。
どうすべきなのか。
いやそれより、私はどうしたいのか?

自分がどうしたいのかだけで生きていけたら楽なのかもしれないが、経済的な余裕がなければそんな事は無理だ。そして私にはそんな財力はない。ブラブラしていればあっという間に食い扶持に困る。

離婚して鎮痛剤が減らなくなっていたが、この数カ月は鎮痛剤を飲む回数が激増している。偏頭痛と緊張型頭痛が混合されているようだ。先週、髪を洗っていて頭皮マッサージをしようとすると鋭い痛みが走った。頭部に百会というツボがあるが、そのツボの左側が痛い。どこかにぶつけてタンコブでも出来ているのかと思うほどの痛み。心なしちょっと腫れているような触り心地だ。だが、どこにもぶつけてはいない。スマホでビデオを撮ってみたが、傷があるわけでもなく、頭皮の色も異常がない。それよりここ半年は抜け毛がひどかったので当然なのだが、髪が少なく頭皮が見放題だ。頭皮がスケスケなのである。ここまで禿げてるとは思わなかった(笑)。

そういえば、離婚する前にもこんな風に頭がというか、頭の筋肉が痛い時が度々あった。百会やその周りが触るだけで痛みを感じるくらいでマッサージしてもなかなか治らなかった。何しろマッサージしようにもかなりの痛みを感じる。PMSの一種なのかもしれない。更年期のど真ん中なのも影響しているのだろう。だが多分、ストレスが一番大きな原因な気がする。

いつからあるのか、すぐ近所に保護猫・保護犬カフェができていた。土日はかなり混んでいるらしい。だが平日には行ける時間がない。いつ行けば良いんだ。。。モフモフを触るだけでストレスがスーーーーーーっと和らぐ感覚を味わいに行くしかない。