ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

間に合わない

昨年末から編んでいるセーターは、ようやく後身頃が佳境に入ってきた。私にしては珍しく、前身頃、後身頃、袖2枚を別々に編むパターンだ。閉じはぎが嫌いなので、いつも殆どトップダウンで編む。

 

気がつくともう3月になってしまった。とっくに春だ。近所の木蓮は蕾がたくさん付いているし、陽当たりの良い植込みの沈丁花は咲いている。勤務先は換気で窓を開けてあるのが原因で去年の暮れは室内がえらく寒かった。今編んでいるセーターは勤務先で着るつもりでいた。だが緊急事態宣言が解除されても、在宅勤務が継続しそうな気がする。出勤する頃にはセーターを着る気温ではなくなりそうだ。もう間に合わない。

 

在宅勤務がこうも続くとはっきり言って煮詰まる。通勤がないのは嬉しいが、家族や友達とも去年の10月から誰にも会っていない為、良い加減に誰かと面と向かって喋り倒したい。私はすこぶるお喋りだ。出勤したところで、在社時間は最短にするようにと厳命がくだっている為、用が済めばさっさと帰らねばならない。そもそも勤務先でそんなに話をする人などいない。

 

私は元々、引きこもり傾向があるのだが、親しい人と誰にも会わずに半年もすると良い加減にストレスが限界に達する事が良く分かった。電話やビデオ通話のようなオンラインでは味わえない、同じ空間にいる物理的な共有感の重要性がこのところ身に染みている。