ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

不公平感

勤務先は1月8日から完全に在宅勤務になったのだが、それまでは、隔日に出勤と在宅を繰り返すスケジュールだった。在宅勤務になると曜日の感覚が狂ってしまうどころか、祝日の感覚も薄れる。

 

先週の金曜日に次週の予定をやり繰りしたのだが、夕方になってチャットで打合せして初めて、1/11(月)は祝日だと気が付いた。予定が全部狂ってしまい焦ってしまったのだが、50歳で子供がいないと成人式なんて、まるで関係ない為に完全に失念していた。

 

通勤で使う路線では運転士に感染者が続出して減便運行になっている為、1/7の出勤では普段ではあり得ない混雑率だった。あの密集状態は最早恐怖でしかない。

 

勤務先では、元は同じ会社が分社化したせいで同じフロアに別会社が共存している。別会社なので在宅勤務の考え方も違う為、非常に不公平な状況だ。私が勤務する側の会社は偶然、正社員も非正規雇用も待遇が同じだった為、不公平ではない。だが同じ派遣会社から勤めている別会社に勤めている人は、なんと在宅勤務がないのだ。正社員のみが在宅勤務になるらしい。

 

この不公平感。

同じフロアでこれだ。

どうしてそんな事になるのだろう。

世の中の不公平感がコロナ禍で浮き彫りになっている。

 

離婚するまで気持ちに余裕などまるでなく自分の事で精一杯で、人に親切にするなんて考えてもいなかった。今の勤務先でちょっと前までは絶対に避けていたような、大きなお世話、要らぬ世話をしているのも、人に親切にしたいと思うようになったからだ。本当に要らぬ世話だと親切の押し売りでしかないが。

 

望遠鏡的博愛と揶揄したディケンズの影響もあって、子供の頃からチャリティはあまり好きではなかった。だが先々月、偶然見かけた国連難民サポーターになった。ドバイに住んだ経験が大きいが、アフガニスタンバングラディシュなど、それまで遠い国の人でしかなかったのが身近に感じられた事は大きい。本当にわずかながらも毎月、寄付を始めた。

 

世の中は不公平だ。子供の頃に憧れたコルホーズソフホーズは幻でしかなかった。そして格差社会はなくならない。保身の為にお金は大切だというのもまた事実だ。

 

一輪でも良い、花を飾ろうと思うようになった。

大袈裟ではなく、花は希望に満ちていると感じるようになった。