ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

年末年始の予定

9月半ばに転職して以来、ゆっくりと編み物をする事が殆どなかった。土日は基本的にずっと休みであったのだが、実のところ、職場の人間関係に振り回され気が休まらなかった事で何もする気になれなかった。まだ若い上司が部下に尊敬されずに悩んでいるのを宥めるのに、週末にまで長文のメールでやり取りする羽目になるとは予想外だった。上司が部署内で一人浮いてるのを見ると、相談する相手を間違えてるだろうが!と切り捨てるのはちと忍びなかった・・・。

 

部署は全員野郎どもだ。当然、テストステロンの戦いなわけである。15歳からほぼ男子校みたいな母校に通い、職場も殆ど野郎のみの場合が多く、テストステロンの戦いを延々と見てきたのである。私としては毎度の事なのだが、久しぶりにテストステロンの戦いに遭遇するとまるで違う感覚を持ったのは歳を取ったせいなのだと思う。野郎どもは判で押したように決まって精神年齢が低い(笑)のだが、自分がババアになってみると最早一回りも年下だとまるで子供に思えてしまう。ババアになった事を日々実感している(笑)。

 

ここ数ヶ月、野郎どもを宥めるのに神経を擦り減らした。そんなもん、ちょっと本人に直接聞いてみりゃ良いだろうが!と言いたくなるような事でも、野郎どもは決して自分から聞こうとはしない。なぜなら自分から譲歩したら負けた事と同じだからだ。テストステロンってやつは、本当に面倒臭い。クソみたいな自尊心が邪魔をするわけなのだ。まー、このクソみたいな自尊心を、女としては私も相当に持ち合わせているが故に野郎どもの気持ちが分かるとも言える。結局、お互いが直接聞けば済む事を私を通して相手に伝える、というような、回りくどい事を日々やっていた。通訳かよ。

 

いよいよ私のストレスも限界に達しそうだった。半月ほど前から奥歯の数十年物の銀歯が沁みていたのだが、子供の頃から虫歯が多かった私は兎に角、歯医者が大嫌いだ。しかし放っても置けないので師走から歯医者通いが始まってしまった。歯医者からはあちこち治した方がいいと言われ恐れ慄いている。

 

年末年始に実家へ帰る事は早々に諦め、今年と同じように引きこもる計画だ。そこで毛糸を購入し、半袖セーターを編む事にした。毛糸は11月の下旬には購入していたのだが、まるで取り掛かる気力がなかった。今日、ようやっとCast on! 糸が細いため1週間の休みではとても仕上がらないと思うのだが、換気の為に窓が開けられて寒い勤務先で着たいと思っている。一昨年エディンバラ で買った毛糸で編んだチョッキは残念な事にワンシーズンですっかりフェルト化してしまった。洗濯の仕方が悪かったのか、というより毎日のように着ていたからか・・・。

 

編み物は良い。

無心になれる。

ストレス解消!