ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

ソルジャーズ・アイランド

豆さんとドミニク・モナハンが共演するというのでスターチャンネルでの放送を録画しておきました。この映画を見て良かったと思えた事はみっつ。

1.豆さんが死なない
2.ボロミアとメリーの再会
3.ジェームズ・クロムウェルはどんな時も名演

それ以外は酷いです(笑)。失笑しまくった。これを本気でやってるのか疑わしくなるくらいです。

主演はクリスチャン・スレイターです。彼の出演作は殆ど見たことがないのですが、いつの間にやらB級アクションスターになっていたのですね。B級といってもアクションは本物なB級映画ではなくて本当に全てにおいてB級です(笑)。存じ上げませんでした。日本も主権を主張している島が某国に実行支配されてしまったり他人事ではない問題を題材にしているあたり、着眼点は面白いと思いました。ヴィング・レイムズの武器商人とか、キャスティングが無駄に豪華なんですよね。

しかし、何しろ脚本がショボい。陳腐な台詞が目白押し。オープニング・アクションが、これってコメディなのかなー、これを真面目にやってたら笑えないなー、と思いながら見ておりましたが、普通に真面目に戦友を救う美談として扱われていた。安っぽい。

そんな所で匍匐前進なんて全く必要じゃないどころかさっさと走って行かないと見つかるよ!という突っ込みどころが満載。わざわざ地べたで一回転しないでそのまま走り抜けた方が良いよ!という突っ込みどころも満載。危険な時でも皮肉たっぷりのオチを付けたいのかもしれないけど白々しいしわざとらしいしオチが分かり切ってる!という突っ込みどころも満載。失笑してしまうシーンと台詞が目白押しで、ある意味見ていて飽きない。脚本が酷過ぎる(笑)。

でも良かった、豆さんが死なない(嬉泣)。女を侍らせて本気で楽しそうな豆さんを拝めましたし。普段もあんな事やってるから4回も離婚する羽目になるんですな。でも迷彩柄と火器が似合うから許す。