ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

昨日、スーパーへ行く途中で鴉の襲撃に遭った。自転車で近所のお寺の前を通ろうとしたら随分と鴉が煩い。作業服姿の男性二人が何やら喚いてトラックに乗り込んでいたので、ふと見上げるとデッカい鴉が二羽、大音量で鳴きながら電線に止まった。

ヒッチコックの「鳥」みたいだなとちょっと不気味に感じてペダルをグイッと踏み込んだ途端、頭上でバサバサと羽音が聞こえたかと思ったら、髪の毛が羽の起こす風で揺れた。ゾッとしながらも止まらずにそのまま自転車を必死で漕いだのだが、またもや同じように羽音がしたかと思ったら髪の毛が風圧で揺れた。本気でビビって一目散に逃げ去り20mくらい走った所で振り向くと鴉はまだ大音量で鳴きながら電線に止まっていた。鴉にしてみたら、揶揄ってやったぜ、けけけー、くらいの気持ちだったのではなかろうか。本当に襲うつもりなら足で頭を突かれただろう。上空6時方向からロックオンされた時の恐ろしさが良く分かった(苦笑)。

頭を突かれる事はなかったので怪我は何もなかったのだが、黒々とした巨大な鴉が急降下して頭を狙って来るのを考えるとまさに「鳥」だ。災難はこれで終わらない。ジーンズの前ポケットに携帯を突っ込んでいてポケットが浅く携帯がはみ出ていた上に三段腹のせいもあるのだろうが、慌ててペダルを漕ぎまくったせいで落としてしまったらしい。

スーパーへ付いてからドリアンを写真に撮ろうとするとポケットに入ってない。いつも携帯しない携帯電話を持っていたのはドリアンの写真を撮る為だったのにー。しかもドリアンが撤去されていた。ドリアン写真が撮れない上に携帯も何処かで落としたらしい。冷や汗がどっと出た。また鴉のいる道を通るのは嫌だったが落としたとしたら鴉の道しかない。ビクビクしながら元来た道を通って携帯を探すのだがない。どこにもない。

自分が辿った経路を思い出しながらくまなく探した結果発見できず。そのまま近所の交番で遺失物届けを出しに行った。鴉の襲撃に遭ってから30分くらいの時間だったのだが、なんと、交番に私の携帯が届けてあったのだ。すごい。こんな短時間なのに誰か拾って交番へ届けてくれたらしい。日本って良い国だよ。