ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

ゲーム・オブ・スローンズ/第一章(日本語吹替)

実家から東京に戻ったら体力も気力も失せてしまい、実家の猫のようにただただダラリと過ごしております。

年末に録画しておいた「ゲーム・オブ・スローンズ/第一章」をようやっと見終わりました。引き続き「第二章」を見ておりますが、何しろ疲れる展開です。名前が覚えられない上に関係性もまるで覚えられず混乱しっぱなしです。「第一章」は英語字幕で見た時に良く分からなかった部分が、あー、そういう事だったのか!等と合点がいく事がたくさんありました。吹替えで見ると話の筋が解り易い。その代わりに豆さんの北部訛りが生かされた”北の男”演技を耳で楽しめないのが残念。せっかく北部訛り丸出しで台詞を言えるウェスタロス大陸の北部の男なのにねぇ。

それにしても、「第二章」を見ていると「第一章」で疲れていたらとんでもない事が良く分かりました。なんかもう、名前を覚えるのに嫌気が差してしまった。もしかしたら「第三章」は見ないかもなー。「第二章」はDVDを買おうかとちょっと思ったのですが、もう買わなくて良いです。豆さんはもう出てこないし。ピーター・ディンクリッジの演技はもっと見たいとも思うのですが、あまりに疲れる内容で辟易してきたというのが正直な感想。

どこに視点を置いてみるかで面白さがまるで違ってくると思います。豆さんがいなくなってしまい、視点まで失ってしまって見る気力がなくなった。気力が戻る日はくるのかなー。毎回必ず豆さんの断首刑の場面が登場するのも嫌なのかも。他で何度も死んでるんだから、そんなに毎回殺される場面を登場させなくても良いじゃーん。