ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Marple: Murder Is Easy

知り合いから「Marple:Box Set」を譲ってもらいました。
しかも、あげる!とひとこと。
良い人だーーー。

ベネディクト・カンバーバッチが出演している「Marple: Murder Is Easy」を見たかったのです! 原作も読んだ事があるし、犯人も動機もなんとなく覚えていました。このシリーズはマープルものじゃない原作にもぎゅぎゅっと押し込んでマープルを登場させてますが、これもその1本でした。

このマープルのドラマシリーズは大胆に現代的な脚色がしてあって、まー、受け入れるかどうかは別にして原作を知っていても意外な展開が楽しめます。殆ど横溝正史の世界で禁断の関係がドンドコ登場(笑)。ここまでドロドロにしなくても良いのに。サービス精神が旺盛過ぎかもしれない。

マープルはジェラルディン・マクユーワンからジュリア・マッケンジーに交代していました。目が離れ気味の人の良さそうな彼女の顔が好き。田舎のお節介のおばちゃんという雰囲気が似合います。でも衣装はジェラルディンの時の方が好きだったな。いつも編み物をしているミス・マープルらしいニットのカーディガンなど一時停止して画面に近付いて見たくなる。

ベネちゃんですが、このドラマでは元警官でミス・マープルの助手的に働きます。巧いし笑顔はやっぱり魅力的だし良い役者だ!と感じるのですが、SHERLOCKを演じている時の彼は圧倒的に魅力的だと言う事に気が付きました。一世一代のはまり役です。いつまでシリーズが続くのだろう。見守らねばならぬ!

あれ、君たちハウンド探してる?
違うか。
ラッセル・トヴェイのお猿さんっぽい耳が愛嬌ありますね。