ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Spooks(MI-5)/S10,ep5

ハリーが不憫過ぎて風邪を引いた気がする。
風邪を引いた言い訳をハリーに求めるところが既にオカしいです。
脳が煮え煮えかもしれません。

前のep4でハリーがコーバーに最後通告を渡しました。24時間待ってやると。誰の為に働いてるのか分かってるのか?と言い返されたハリーは「そいつらも首根っこ洗って待ってろ。」と啖呵を切ります。カッコい〜。でも無謀(笑)。カラムはMI5がCIAに楯突くなんて無茶な事するなと"One for all, all for one."と三銃士の合い言葉を言ってしまう程です。予算でも人員の数でも圧倒的に不利なMI5ですから。CIAの大物を誘拐するなんて、いくらドラマでも有り得んでしょう(苦笑)。それに、迎えに来たのが誰か確かめもしないで引き渡すとは、いくらなんでも軽率過ぎる。

とまー、ドラマですから、もう良いです。そんな事は一々気にしませんよ。もうとっくの昔に本筋の方はどうでも良くなってますから。エレーナが動揺したら抱き締めてやるハリー。あの相手がルースだったらなぁ。ルースには本当に奥手なハリーです。もどかしくて哀しくて悔やまれて・・・。熱が下がらないから止めてくれ。頭痛がしてくるわ・・・。

CIAの大物を誘拐した落とし前を付けるのにハリーはアメリカで収監されるでしょう。タワーズ内相から橙色の服を着て一日中カントリーを聞かされるなんて気の毒にと心配されるハリー。タワーズ内相の冗談は相変わらず皮肉がぴりぴり効いています。橙色の囚人服を着たハリー・・・。ちょっと想像しただけでも可笑し過ぎるから勘弁してください。内相の冗談はいつも思わずくすっとくる。しかもこれは洒落にならなさ具合が半端ないので更に可笑しい(涙)。

このシーン(←)をまた見たら、さめざめと洟が流れてきた。

駄目だ。精神衛生上良くない。こんなの見てたら風邪が酷くなるわ。
ハッピーエンドが必要になってきたぞ、ちくしょー。
今の私に必要なのは「The Office/Christmas Special」だ!