ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

黒塗りタクシー

ドバイに戻ってきました。ちょっと覚悟して空港のビルから屋外へ出たら、なんだー、全然覚悟しなくて良いよー。涼しくはありませんが暑くない。暑くないので十分だ。

女性一人の場合、必ずピンクタクシー(運転手が女性)に乗るように促されます。乗り場で客を捌く兄ちゃんがどこまで行くんだと言うので答えると、じゃ向こうへ行けと言うのでピンクタクシーの方へ向かいました。そしたらピンクタクシーの列の前に黒塗りの車が数台停まっている。で、その黒塗りの車の運転手が私のスーツケースをさっさとトランクへ積み込んでしまった。

ちょっと待てとタクシー乗り場の兄ちゃんを振り返ると「黒塗りに乗れ!」と言うのだ。なんで? ピンクタクシーで良いよ。なんか黒塗りだと高そうじゃーーーん。振り返ったら既にスーツケースは二個ともトランクに積み込まれて、黒のスーツを着た運転手(なんと白人!)がドアを開けて待ってる・・・。

仕方ないので黒塗りタクシーに乗ってメーターを見ると初乗り料金がチャージされています。しかも50DHSも!!! 空港以外での初乗り料金は3DHSですが、空港からタクシーに乗る場合は初乗り料金が20DHSになります。しかし黒塗りタクシーは50DHSでした。やられた。たっけー、黒塗りー。

客を捌く兄ちゃんが私を金持ちと判断したのが原因でしょう。私が住んでいるアパートは白人率が高くて当然金持ちばかりです。家賃を夫の会社で負担してくれるから住めるんだよ。私は金持ちじゃねーぞー。財布の中に100DHSくらいしか入ってなかったので、足りなかったらどうしようとマジでビビった(汗)。

先ほど調べてみたらDTC(Dubai Taxi Corporation)が2012年6月から新しくサービスを始めたらしい。車はマツダのインフィニティかトヨタのレクサスという高級車のみ。勿論黒塗り。ドバイのタクシー運転手はかなり質が悪いので、VIP対応の出来る英語がきちんと話せて、道にも詳しく、マナーも良い運転手を厳選しているそうな。ということで運転手が白人なのでしょうか・・・。