ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Sinnerman by Nina Simone

「シャーロック/S2」は既成の曲が登場して非常に効果がありますね。

モリアーティの着信音「Stayin' Alive」は最高でした。これはアイリーン・アドラーが自分からの着信にこの曲を設定したのだと思う。シャーロックの携帯に自分からの着信には桃色吐息を設定してたわけですから。アイリーンが二人をおちょくって楽しんでるというわけですな。そういえば、アイリーンの桃色吐息の着信音、どっかのブログでダウンロードできました。ハドソン夫人に失礼ね!と言われたくはないので設定しないけど。

モリアーティの裁判が始まる時に流れるのがニーナ・シモンの「Sinnerman」です。
この曲大好きだ。

罪人はどこへ向かうのか。クリスチャンではないので、原罪という観念が良く分かりませんが、Sinnerman/罪人というのは原罪を持つ人の事らしい。罪人と言っても何か盗んだとか具体的な犯罪を犯した人ではなくて、原罪を持つ人ということは誰でも罪人というわけですな。歌詞の中で神から罪人は地獄へ行けと言われます。誰が見ても明らかに犯罪を犯したモリアーティは結局、裁判で無罪になってしまう。

モリアーティが無罪になって、シャーロックが彼を待つ間に弾くのがバッハのヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調。あーなんて荘厳なのだ。ゴシック建築の教会にでもいるような気になりますな。覚悟を決めたシャーロックの決意が滲んでる。