ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

I"m just saying, it's all fine.(Sherlock/S1-ep1)

hananoさんのご要望で「シャーロック/S1-ep1」のジョンの台詞「君が何でも、僕は構わないってことさ。」、この前後の台詞の英語字幕を拾ってみました。
レストランのオーナーにシャーロックのデート相手だと勘違いされたジョンがロマンチックな演出の為にキャンドル持って来るというオーナーに向かって言う台詞からです。

J : I'm not his date.
S : You may as well eat. We might have a long wait.
J : (キャンドルを持ってきたオーナーに向かって) Thanks. People don't have arch-enemies.
S : I'm sorry?
J : In real life. There are no arch-enemies in real life. Doesn't happen.
S : Doesn't it? Sounds a bit dull.
J : So who did I meet?
S : What do real people have, then, in their ... "real lives"?
J : Friends? People they know, people they like, people they don't like ... Girlfriends, boyfriends.
S : Yes, well, as I was saying, dull.
J : You don't have a girlfriend, then?
S : Girlfriend? No, not really my area.
J : Mm. Oh, right. Do you have a boyfriend? Which is fine, by the way.
S : I know it's fine.
J : So you've got a boyfriend, then.
S : No.
J : Right. OK. You're unattached. Like me. Fine, good.
S : John, um ... I think you should know I consider myself married to my work and while I'm flattered, I'm not really not looking for any ...
J : No, I'm ... not asking. No, I'm just saying, it's all fine.
S : Good. Thank you.

非常にシンプルな会話なんですが、込められたものはどこまでも深いですねー(笑)。

ジョンが「恋人がいないんだ。僕みたいに。」という台詞で”unattached" という台詞を使うのが面白いです。ジョンは軍人ですから”中立的な”という意味もある"unattached"を使ってもおかしくないですが、特定の恋人がいないという言葉で使われる言葉としては"single"の方が一般的だと思うわけです。

あえて"unattached"を使うと恋人がいないという意味だけじゃなくて”ストレートでもゲイでもどっちでもない、中立だ”という意味にも聞こえてくる。ここ、狙ってあると思うわけです! だもんでシャーロックもジョンから口説かれてるのか勘違いするわけですな。しかも、口説かれるのを嫌がってるわけじゃないところがまたニヤけさせます。

こういう細かい台詞を日本語で表現するのが難しいところでもあるでしょうし、プロとしてはやりがいのあるところでしょうね。