ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

人力ゴンドラ

高架作業用のゴンドラで人力の物を初めて見ました。
今日の最高気温予想は43℃です。
この暑い中、本当にご苦労さんです!!!

人力でゴンドラを操作している事にも驚きましたが、カゴを吊っているロープの下を普通に人が歩いてる事にも驚きました。人海戦術の方が電動のゴンドラ使うより断然安上がりという怒濤の低賃金・・・。

というか、私がこのロープの下を通る時に携帯をいじっていたので気が付かなくて通り過ぎた後でふと「あれ? いまなんかおかしな事が起きてなかったかい?」と振り向くと←のような状況だったのでした。よく見ると一応電動ウィンチが付いてるんですが、私が振り返って写真を撮った後には使ってなかった。”もうちょっと上に上げろ”と多分ヒンディーで話してたようですが、下にいるロープを持った兄ちゃん達がうりゃーと引っ張ってたし・・・。

安全性とかいう話はこの際、些細な事なのかもしれません。
人力でなんでもやってやろうという気概はすごいです。
ある意味、環境に配慮していると言えるかもしれません。
そんなこと、爪の先ほども考えてないでしょうけど。

気温40℃超えの屋外でも、芝生の日陰のところで労働者たちが昼寝している姿を良く見かけます。休まないとやってらんないとも思いますが、あの気温で眠る事ができるのはひとつの才能だと思う。慣れなのかどうなのか。いやー、体の作りが違うと思うなぁ。

人種による労働賃金格差が嘘みたいにあるドバイで、建築現場や写真のような労働者は一体いくらもらってるんでしょう。バカみたいな賃金でも自国にいるよりはマシだと続々と押し寄せてくるのもまた事実です。ドバイショック以降もなんのその、外国人労働者の安い人件費のお陰で国が動いてるんですなぁ。