ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

パリの世界遺産

日本人は世界遺産好き。
世界遺産と言うだけで見に行く人が多い。
そして私も生粋の日本人です。
世界遺産は当然好きです(笑)。

ノートルダム大聖堂の私のイメージはバラ窓、せむし男、シテ島、失恋したカナダ人観光客が落ちてきた所。
パリ発祥の地、シテ島に鎮座ましましています。この日は無料開放の日だったようで長蛇の列でした。陽を浴びると汗ばむ陽気で初夏のパリの空はカラリと晴れていました。

そしてシテ島といえば「ラ・セーヌの星」。このアニメはあまり人気がなかったんでしょうか。知っている人に殆ど会ったことがありません。私は「ベルサイユのばら」よりもこちらの方が好きだったんですけどねぇ。アニメで黒いチューリップが登場するとアラン・ドロンが出て来たようで嬉しかった。ラ・セーヌの星と警官ザラールの執拗な対決は「ああ無情」のジャン・ヴァルジャンとジャベール警部の関係を連想させます。ところでいつから「ああ無情」ではなくて「レ・ミゼラブル」と呼ぶようになっちゃったんですか?

ラ・セーヌの星」の主人公シモーヌシテ島の花屋の娘でした。そして今でもシテ島ノートルダム大聖堂のすぐ近くには花市場がありました。フランス革命の頃からずっとシテ島は花屋が多かったというわけですね。

シテ島からRERに乗れば一駅でリュクサンブール公園に行ける近さだったのに行きませんでした。あー。なんでこんな時に風邪なんか引いてたんだろうなぁ。「The Fall/落下の王国」に登場する自由の女神があるリュクサンブール公園へ見に行こうと思っていたのに。

そしてパリと言えばエッフェル塔です。
鉄のレースと呼ばれるそうですが、なんとも詩的なその表現が素晴らしい。
落下の王国」では霊人が食べちゃった地図が霊人の体に次々と現れる時にちらりとエッフェル塔が登場します。一瞬ですけど。「007/美しき獲物たち」ではロジャー・ムーアとグレイス・ジョーンズがエッフェル塔で追いかけっこを繰り広げてました。ロジャー・ボンドのアクションはスタントと本人の違いがあんまり露骨なので残念なんですが、メイ・デイがエッフェル塔からパラシュートで飛び降りるシーンは圧巻でした。

ただ・・・、見上げたただけで塔に近づく気力がなかったのですよ。ということで、遠目に見ただけで終わりました。結局パリを高い所から一望することがなかったので惜しかったです。見逃したものがたくさんあり過ぎるのも確かですが、パリにはまた行ってみたいと思わせる実に魅力的な街でした。