ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Persil

「Spooks(MI-5)/S10」の最終回は未だに納得いかない。ハリーとルースが、あ、あんな、あんな結末なんて・・・(声にならない叫び)。いつまで納得いかないんだろうか。自分でもいい加減に納得したい!

映画やTVドラマが好きなのは現実逃避したいというのが非常に大きな部分を占めていますが、三次元から二次元の世界へ逃避しているのに、二次元の世界から更に逃避したい時はどうしたらいいのだろう。四次元にでも行けというのだろうか。数学でなら四次元でも十次元でも構築できるのでしょうが、数学に虚数が登場してから全く数学を理解できなくなった私には不可能だ。二次元の世界から逃避するには四次元世界に逃避するのではなく、オルタナティブ・ユニバースやパラレル・ワールドにでも行かなければ無理だと思いました。なんだかくどくどと言い訳しています。かなり危ない人たちがウヨウヨいるファン・フィクションをまた読んで納得いかないこのイライラを慰められた事を正当化したい模様です(笑)。

そこで、Persilです。
今日、スーパーで洗濯用洗剤を買いました。100年に渡る信頼のドイツ製洗剤、Persilです。今までは日本でも使っていたTideを使っていました。しかしハリー・ピアースがこのPersilを使っているという事実を知り早速買い求めました。明日から私の服はハリーと同じ匂いです(嬉)。

はぁぁぁ。
事実ってなに? 事実じゃないだろう、事実じゃ!!! もう私の精神状態はかなり危険な領域に達しているようです。ハリーが使ってる洗剤って・・・。Spooksのドラマの中でそういうシーンがあったなら兎も角、いやいや、そこで十分危険な精神状態ですが、ファン・フィクションの物語の中でハリーが使っている洗剤がPersilだと言うから買ったなんて・・・。

あー、妄想族もここまで来たら立派なものかもしれません。もし私が現実と妄想の区別がつかなくなってきたら取り返しがつかなくなる前に、後生ですからどちら様でも構いませんので、「大丈夫か??? お前???」と突っ込んでください。
宜しくお願いします。

残念ながら私が買ったPersilはハリーが使っているものとはちょっと違います。
なぜなら、片面はアラビア語なのだった。がっくり。