ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

The Inspector Lynley Mysteries

ナサニエル・パーカーというと「虚栄の市」のロードン・クロウリー役がとても好きでした。英国の伝統的な二枚目といった顔立ちです。肖像画にすると映えると言いましょうか。兎にも角にも女にモテるためだけに生まれてきたという感じの男です(笑)。女にもてるけど実生活ではまるで能無し。ヒモ体質というか。実際、ベッキー・シャープと結婚してからは彼女の才覚だけで暮らしを立てていたので殆どヒモみたいなものでした。現実にこんな男が自分の周りにいたら虫唾が走りそうですが、見てる分には構わない。

「The Inspector Lynley Mysteries」を買っていながら、なかなか見始めなかったのはなんとなく重たい事件のドラマを見たくなかったから。何しろまだまだ「Spooks/S10」を全然引きずってるので落ち込みそうなものを見たくない。とはいえ、ナサニエル・パーカーの二枚目っぷりを見て目の保養にしようと思いまして100kg超級の重い腰を上げました。

第1話は前後編になっていてヨークシャーでの事件にニュー・スコットランドヤードから派遣されるのが物語の発端になってます。田園風景がそりゃまーもー美しくて美しくて溜息が出ます。ほんとに英国人は田舎を愛してるんだろうというシーンが満載です。ロンドンに住んでいても将来は田舎に家を買いたいという人が多いのも納得できます。あんなに美しい風景を毎日眺めて生活できるってきっと幸せでしょう。雨が降るとぬかるんで大変だと思うけど。

伯爵の警部という冗談みたいな設定なんですが、非常に英国的な上流階級と労働者階級の代表みたいな二人がコンビを組まされて、葛藤もありながらも無事に事件を解決していく。

簡単にまとめ過ぎか・・・。
いや、はっきり言って謎解きをなんちゃって英語力で見ると頭に”?”を大量にくっつけて見ることになる。今回もそうです。まだSeries 1の途中なんですが、既に英語字幕をきっちりと理解しながら追っていく事に疲れてしまいました。なんとなく見てるだけに近いかも。

なんかこう、期待し過ぎていたのかなぁ。あんまり面白くなかったんです。もうちょっと見続けたら面白くなってくるんでしょうか。とにかく出演者が豪華でびっくりするんですけど。ブレンダン・コイルは出てくるし、ビル・ナイは出てくるし、ジェームズ・マカヴォイは出てくるし。まだ先は長いので気長に見ます。

日本でもスカパーのミステリーチャンネルで放送していたんですね。スカパー!e2にこのチャンネルがないのが悔しくてたまらん。