ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

タクシードライバー その2

以前にもタクシードライバーの事を書いたことがありましたが、ドバイでタクシーに乗るとかなり高確率で運転手さんとの会話が面白いです。パキスタン人の運転手さんはインド人は嘘吐きだと延々と愚痴っていたし。日本製のソニーのTVは30年経っても壊れないと日本製品を絶賛するインド人のおぢさんとか。タクシーには滅多に乗らないのに面白い運転手さんに良く当たる(笑)。

今日、久しぶりにドバイでタクシーに乗りました。いつもの様に話しかけられて、日本から来たとか、いつから住んでるとか、一通りの世間話をしました。最終的に「子供は?」という話になったわけで、いつもなら面倒くさくて嫌気が差すんですが、彼が聞くとそんなにイライラしない。押しつけがましくなかったからか? というか、この運転手さんはまだすごく若くてなかなか二枚目です。はにかんだ笑顔が可愛い。顔が可愛いって得だ(笑)。彼のお父さんが緑色の目をしたすごい男前だそうです。お父さん似なんでしょうか。

私:あなたはどこから来たの?
ドライバー(以下ド):カブールからだよ。
私:・・・カブール???
ド:カブール。アフガニスタンの首都だよ。
私:おおお、アフガニスタン!!!
ド:アフガニスタン人だけどタリバンじゃないよ(笑)。
私:あははははははは。そりゃ良かったーー。

笑ってないと洒落にならない会話です。でもこれはまだまだ序の口、更に驚愕の事実が判明します。

ド:子供はいるの?
私:子供いないよ。あなたは?
ド:3年前に20歳でドバイに来たんだ。だからまだ結婚してないよ。
私:23歳!!! 私の年の半分だよ。
ド:何歳?
私:41歳。
ド:僕のお母さんは40歳だよ!
私:・・・マジかよーーーー。私より年下じゃーーん。お母さんは何歳で結婚したの?
ド:15歳で結婚したんだ。でも僕のお母さんはあなたより全然老けて見えるなぁ。白髪も多いし。
私:私も白髪あるよ(笑)。そーかー、お母さんと年が変わらないかぁ。じゃ、私の事はドバイのお母さんで良いよ(笑)。
ド:ママ〜。あはははははは。

若く見えると言われて、ま、4人の子持ちのアフガニスタン人のお母さんに比べてですが、気を良くした私は「息子よ〜、またね〜。」と車から降りたのでした。

アフガニスタンでは15、16歳で結婚する人が多いそうです。決して特殊な状況ではなくそれが「Normal」だと彼は言ってました。41歳の私なら25歳の息子がいても全く不思議じゃないわけです。大抵兄弟は4〜5人いるそうで、彼も4人兄弟でした。彼のお兄さんはオマーンに住んでいるらしい。兄弟で出稼ぎに外国へ出て家族に仕送りしてるんでしょう。”アメリカはRUDE(無礼)だ”と言う彼が非常に印象的でした。