ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

バナナ・マンからの脱却

今日から「Spooks/S7」が始まりました。リチャード・アーミテージアーミティッジ*1がこのシリーズから登場しますが、日本語字幕付きを見て気付いたことが・・・。曖昧なまま見てた部分がいっぱいあったんです。なんていうか、もう本編の方はどうてもよくて、360°どの角度から見ても美人なリチャードを鑑賞するとか、ハリーとルースの事だけしか見てないというのが自分でも良く分かった(笑)。

S8S9で登場するソフィア・マイルズがリチャードとは昔、舞台で共演した事があったとインタビューで答えていました。その舞台はミュージカルだったそうでリチャードの役はバナナだったらしい。バナナの着ぐるみ着て歌って踊ってたらしい。

あはははははははは。あんな美人がバナナですよ。あはははははははは。

↑ ハリーにルーカスが昔、バナナ姿で踊ってたのをちくるべス。

よくもハリーにちくったな、べス!

ミュージカルは虚栄心を煽っている気がすると、リチャードは演劇学校で勉強しなおして今に至るそうです。良かった、路線変更してくれて。ミュージカルだと苦手なので出会ってなかったかもしれない。

「S7/ep1」はアダムが爆死してしまいます。ロズと一瞬視線を交わしただけで爆死。あー、もう、本当に身も蓋もないです。やることがほんとうに残酷なんだよ。サディスティック。ハリーがアダムの息子のウェズに会いに行くシーンが・・・。ハリーにとってアダムはトムやダニーやルーカスとは違って、どこか息子みたいに心配してたんじゃないのかなぁ。

死んでいく人より残される人を見るほうが辛い。

*1:日本でも本来の発音に近いこちらが定着してきたようなので訂正します。