ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Spooks/S8 ep8(最終回)

S8は最終回だわ、S5はハリーとルースがデートするep3だわ、大変です。何が(笑)。

Spooks/S8 ep8

氷の女ロズと異例の抜擢で任命された若き内相ローレンスがいい感じです。ハリーがいると強張ってる内相もロズと二人だと親しげに話したり。このままいい感じで来シーズンまで行くなんてことはSpooksでは有り得ない(苦笑)。二人一緒に爆死。アダムに続いて派手な死に様ですね。ロズには相応しいかも。新任の内相を演じているトバイアス・メンギスは「007/カジノロワイヤル」でMの秘書だったり、「説き伏せられて」でルパート・ペンリー・ジョーンズの恋敵を演じたり、ちょこちょこ見かけます。
それにロズとルーカスのクール・ビューティ・コンビがやっぱり良いですね。CIAの金髪女は出てくるたびにイライラするんでロズに殴られて良い気分。あのヘタッピーなメリケン訛りが非常にイライラします。頭を撃たれて死んでるのを見て「ざまーみろ、ビーッチ!」と思わずにやける自分が怖いです。サディストなのか、わたしって・・・。

内相が敵と繋がっているのか決め付けてるハリーをルースが慎重になった方が良いと意見します。しかもハリー、素直に聞く。他の人だったらこうはいきませんが。偏見は捨てた方が良いなんて言われて喜ぶなんてなぁ。ハリー、どんだけルースが好きなんだ(大笑)。ところで、ハリーとルースの屋上での会話はいつも良いシーンなんですがカットされてました・・・。あーーー、良いシーンなのに。ハリーは心身ともに疲れて限界で泣いちゃってもルースがいればすぐ笑顔(←)。女心と秋の空くらい立ち直りの早いハリーが面白いのになぁ。ルースがハリーに触れる(1:22〜)なんて貴重なんですけど、惜しいなぁ。断片的ですが、良いシーンばっかり編集してあってなかなか見応えがあります。曲も良いし。因みにこの曲、Glen Hansardの「Falling Slowly」はすげー好きな曲です。

大混乱のホテルへ行こうとするハリーを止めようとしますが、振り切って行ってしまう。ルースの「この頑固じじぃ、言うこと聞きゃしねぇ。」っていう顔が面白いです。娘(ロズ)はしっかりしてるから心配いらないけど、息子二人は心配です。タリクのいとこが危険な状況で心配してるから慰めたり、騙されてたのに好きだった金髪女のことで落ち込むルーカスを気遣ったり。いつもは頼りになるハリーお父さんもつい泣いちゃって励まさなきゃいけなかったり。ルースは殆どセクションDのお母さんですか。

Spooks/S5 ep3

このepはハリーとルースがデートするのが最大の見所です。デートに誘うところから面白いですし。ハリーがチャップリンみたいにレストランでパンを踊らせてたら、ものすごい寂しいおっさんにしか見えないのが簡単に想像できるだけにやるせない(笑)。

ジョーがアダムの家で仕事の打ち合わせをしてる時「ハリーとルース、ディナーの後でどこに行くのかしらね?」と言うシーンはカットされてました。アダムはうっそーーーって感じで驚きます。ハリーが口笛を吹いていたのが不思議だったけどこれで謎が解けた!と言うわけです。ハリーが口笛を吹くなんて行方不明の外相とフランス大使を無事に保護して以来聞いたことがないくらい珍しい、と。内緒の秘密でハリーがルースをディナーに誘うなんて「狡猾なおやぢだな!(The sly old dog!)」とか散々な言われようです。ま、ジョーに見つかってるんでバレバレなんですけどね。アダムは「マジかよ!(Bloody hell!)」と言ってジョーと一緒に笑ってしまいます。ま、からかいたい気持ちは分かるけど。

ディナーの席で二人が旅行に行くならどこかと議論します。パリだと主張するハリーにニューヨークだと主張するルース。「大西洋主義なんてどこに隠してたの?」と言われたハリーは「君のロマン主義はどこにある?」と答えるとルースが恥ずかしがってうつむいてしまいます。そのルースを見る時の表情がとろけます。「かわいいなぁ。ちくしょおおおお。」という心の叫びが聞こえる表情です。ハリーはグランド・ツアーへ一緒に行くなら「ユーモアのセンスが良くて、話したい時も黙っていたい時も一緒にいて心地良い人。」と言います。「そんな人は滅多にいないけどね。」と。目の前にいるルース以外に考えられないとハリーは言いたいわけです。気障だなぁ(笑)。

マルコムから早速冷やかされてルースは恥ずかしくて仕方ない。マルコムはハリーとルースがとてもお似合いだと思ってるんでしょうが、ルースはナイーブでシャイなので、噂されるのが耐えられないわけです。ハリーのオフィスからロズとアダムが出て行くのと入れ替わりにルースが入っていきますが、アダムは意味あり気な表情でルースとハリーを見ます。頼むからそっとしといてやれよ。

ルースはセクションD全員が自分たちの事を知ってて笑ってると言います。「血も凍るような事を聞いたら心は痛むが、誰かに笑われたからって夜眠れなくなるわけじゃない。」とハリーは言いますが、噂されるのが耐えられないとハリーをこっぴどく振ってしまいます。ルースはハリーにもれなく切ない眠れぬ日々をプレゼント。

ハリー、天国と地獄・・・。