ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Spooks/S4 ep9

S10をまだ見てないので今のところなわけですが、「S4/ep9」は5本の指に入るくらい好きなepです。なんたってバスシーンがあるから! というか、ハリーとルースのシーンが満載で二人の今後が楽しみで仕方なくなるepです。この頃は楽しかったなぁ(涙)。

以下、暑苦しく語ります。

冒頭、CIAの無茶な要請をハリーが断固拒否する態度にジュリエットが一喝。「文句があるなら外務省に言いなさい!」 ハリーを一喝して黙らせるなんてジュリエットにしか出来ない所業(大笑)。その後、ルースがCIAの要請に従ってファイルをハリーに届けると怒り心頭でファイルをぶちまける。ルースの対応が素晴らしいです。「私の電話が鳴ってるみたいなんで。」と言ってさらりと出て行く。さすがです。
CIAが我が物顔でカービンをヘリで連行しようとするのを阻止するハリーがかっこい〜。権力を持つ男特有のカリスマ性を見せるハリーをルースが振り返って見詰めるシーンが良いですねぇ。この時ルースはハリーに惚れてるのを自覚したのかも(笑)。

『ルース心の声』
きゃぁぁぁ。ハリー、ステキーーーーッ。

ハリーがクビになった直後、会議室でのルースとジュリエットは火花バチバチ。CIAからの無茶な要請で仕事に支障をきたしているとジュリエットに抗議するルースですが、ジュリエットは「あなたは同時進行で仕事できると聞いてるわ。」とおべっかを言います。「ハリーがそう言うのならもっと嬉しかったと思いますけど。」と嫌味炸裂。よく言った、ルース(笑)。

カービンが何の変哲もないATMに拘る理由を探りにアダムとルースが出かけた時、アダムに電話がかかってきます。誰からなのか尋ねるルースに「ハリーだ。」とアダムが答えるとにっこりするルース。カービンについてデータをUSBメモリにまとめてくれとアダムに頼まれたルースは理由を聞くと「ハリーに。」 またもやニンマリするルース。でもって、ジュリエットが焦ってハリーが監視を巻いて姿を消したと言うとまたもやニンマリのルース。パブロフの犬にとってエサの時間を知らせるベルの音がルースにとっては「ハリー」という音(笑)。

ハリーがアダムとドッグ・レース場で会う時に食べていたのってロンドン名物うなぎの煮こごりなのかなぁ。見た目で既にダメで食べたことないんですけど(笑)。アダムはハリーに『「フィッシュ・アンド・チップスかツナ缶だけしか食べてないかも」とルースが心配してるけど、ちゃんと食べてます?』と聞きます。この後のハリーの反応がめちゃ可愛い。「Oh,sweet.(優しいな。)」と言ってピーター・ファースの癖みたいですが、照れて親指で鼻をこする。字幕には「Sweet」が出てこないんです。アドリブなんだと思う! 親切と言うなら「Kind」でも良いわけですが「Sweet」を使うんですよね。このシーンでアダムがハリーはルースにお熱というのが分からなかったらスパイ失格と言うかアホです。でもなぁ、ハリーがルースをデートに誘ったのをS5でジョーから聞いたとき、寝耳に水みたいな顔してたからねぇ。というか、クビになった上司にちゃんと食べてるか心配して食べ物をドドーンと送ってあげるなんて、そんなことするかい、普通? その段階でルースもハリーにお熱だと気が付けよ、アダム。どこまで鈍いんだ、お前(笑)。

バスシーンですが、カットも編集も無しだったので嬉しい。このシーンはDVDのコメンタリーを聞くとスタッフもとても好きなシーンのようです。そりゃそうよねぇ。ルース役のニコラ・ウォーカーは「ルースはこのepで完全にハリーに恋に落ちたのよ!」と言ってます。毎日会えるハリーが突然いなくなって♪会えない時間が愛育てるのさ〜(by 郷ひろみ)だったんでしょう(笑)。

ルースが土砂降りの夜にバス停で待ってる所を車で通り過ぎて送ってあげなかった事をハリーはとても後悔してると言います。ハリーにしたら、これって殆ど告白してるようなもんでしょう。ルースもその事を聞いて嬉しくて仕方ない表情です。でもルースはただ「バスが好きだから、良いんです。」としか言わない。ハリーはほっとしたような顔です。ルースがUSBメモリをハリーに渡そうとしますが、ハリーは必要以上にルースの手を包み込んで名残惜しいように親指でルースの小指をなぞってる。ルースも同じ。おおおおお、電流ビリビリ流れますねぇぇ、このシーン。
ハリーがメモリを胸ポケットに仕舞って「ありがとう」と言った後、ルースはまだ顔を後ろに向けたままハリーが何を言うのか期待して待ってます。でもハリーはどうして言いか分からず、艶っぽい緊張感のある雰囲気が急に恥ずかしくなったのか「私の代わりにアダムを気遣って欲しいんだ。彼はまだ・・・。」と言ってる途中でルースはくるりと前を向く。

ああああああ、ハリー。なぜそこでアダムの事なんか言うんだよ。ばかーーーーー。なぜそこでルースが待ち望む一言を言ってあげないんだよ、もおおおおおお。なんでそんなに奥手なんだあああああ。もどかしーーーーーー。

ルースはハリーが何か言うかと期待したのに結局何も言わないのでがっくり。それを見てハリーはどう思ったんでしょう。なんでルースがいきなりぷいっとそっぽを向いたのか、分かってたのかなぁ。分かってたからバスから降りる時にルースの耳元で「ありがとう」と囁いたんだよねぇ、きっと。ついでにルースの髪の匂いを嗅いだな。ハリーが耳元で囁いたらゾクゾクしますね。あの声だよ。

ラストシーンでは暗いオフィスで一人残業してるルースに気が付いて驚くハリー。「It's good to have you back」と言うルースに「It's good to be back.」とハリーが答える。この後、ルースはやっぱり何か期待してたと思います。何かハリーが、言うか、するか、じゃないかと。でもハリーは「大量の書類をもっと早く読めたら良いんだが。何一つ見落としたくないんだ。」と仕事の話です。ルースはごもっともみたいな顔して聞いてますが、内心がっかりしてるでしょ。「あんまり残業するなよ。」と言うハリーに「最終バスで帰ります。」と答えるルース。ハリーは何も言わずにっこり、ルースはちょっと首を傾げてにっこり。この仕草が女の子らしくて可愛いですね。ハリーはにっこりしてそのままオフィスに入っていってしまう。ルースは期待したけどやっぱり何もなかったなぁ、ちぇっって感じでうつむく。なんでそこでルースに何も言わないんだ、ハリー。もどかしーーー。
このシーンのコメンタリーではニコラ・ウォーカーが「ルースはハリーとキスしてたわ、頭の中で!」等とコメントしてました。あははははは。演じてる役者が妄想するんですから見てるこっちが妄想するのも当然です。

ところで、このepでのピーター、具合が悪かったのか、顔がかなりむくんでるような時があります。冷や汗かいてるのか、顔色が悪かったりとか。撮影時に風邪でも引いてたんでしょうか。S5までの間に体重がかなり落ちたみたいなので、血圧でも高くてダイエットしたんでしょうかねぇ。そのダイエット法、教えてくれない?