ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

小姑のように

毎日「Spooks」を見ては「あー、またこんなシーンをカットしてーー。」等と小姑のように重箱の隅をつついて面白がってます。面白がってるんだったら良いんですが、ハリーとルースのシーンを良くカットしてあるんでムカつくんですけどね・・・。

昨日の「Spooks/S4 ep4」はアダムが出ずっぱりなのでハリーとルースでにやけるシーンがない。ハリーがジャイルズ・ファーマーという偽名を使ってバハールの王子を脅しに行くシーンくらいでしょうか(笑)。相変わらず偏りすぎた見方しかしておりません。

今日の「S4/ep5」は大好きなepで良いシーンもいくつもありますが、深夜にルースがハリーに電話してくるシーンが微妙に編集してあった・・・。二人のぎこちない会話が最高なんですが・・・。編集無しのビデオ(1:05〜)でどうぞ。

『ハリー心の声』
ルースーーー、なんで俺にそんなに優しいんだ???
やっぱ俺に気があるのか???

なんたって旧友の急死で落ち込んでいるところに泣きたいなら私の肩を貸すわよ的に誘われた日ですよ。そんな真夜中にルースから"今からうちに来て"と電話で言われて、ハリーはドンドン期待が膨らんでいくわけですが、勘違いじゃないのか確かめる為にダメ押しで"To your place?"と聞くわけです。

この"Your place"ですが、恋人同士がデートの後でどちらのうちに行くかどうか聞く時の決まり文句なわけですよ。"今日はうちに来る?それともそっち?(Your place or mine?)"といった感じで。"your place"にはデートの後の当然の結果が含まれているわけで、早い話が今夜はどっちでする?と言ってるのと同じなわけですね。こういう艶っぽい意味が含まれた言葉をハリーがわざわざ使ったのはそういう期待があったからなわけです。ルースは最初それに気が付かなくて"Yes"と答えてしまいますが、慌てて"NO!"と、そういう意味じゃないと言うのを伝えようとする。ハリーは期待で頭が大混乱です(笑)。そしたら仕事絡みで会って欲しい人がいると言われて期待は儚くも萎んでいった、と。あーーもう、可笑しい。

元カレのヒックスの事をルースに「どうやってヒックスみたいなのと知り合いになったんだ?」とハリーが言うシーンもカットしてありました。あーあ・・・。ハリーの嫉妬心が感じられるシーンなんですが(笑)。

セクションDの新人リクルートについてのミーティングでハリーとルースがやり取りするのも面白いです。ハリーの言う事に一々ちょっかい出しては、ハリーをイラつかせるっていうか、助けてるっていうか。フィオナが「なにこの二人? なんでこんなに仲が良いのよ?」という表情で二人をチラチラ見るのが面白い。ザフとアダムは二人に全く気が付かないのか、いつもの事だと無視してるのか(笑)。