ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

テムズ川の橋

ロンドンのテムズ川に掛かっている一番好きな橋は何かと聞かれたら、ウェストミンスター・ブリッジでしょうか。何度も歩いて渡ったことがあるからか愛着があります。愛着って、ロンドンに住んでたわけでもないのに我ながら大げさだわ。
よくこの橋ではホットドッグを売ってたりするんですが、これがもう良い匂いをさせてキャベツと玉ねぎを鉄板で焼いてるんですよ。お腹空いてなくても食べたくなる(笑)。何しろビッグ・ベンと国会議事堂がある所です。観光客がまず一番最初に行くロンドンの観光名所かもしれません。今回行った時は観光シーズン真っ盛りだったこともあってビッグ・ベンを背景にして写真を撮りまくる人がワラワラいました。
新しいミレニアム・ブリッジはなかなか変わった橋ですが、歩いてみると分かりますが結構揺れます(笑)。横揺れが酷くて開通して一時期閉鎖されたくらいでしたし。この橋は「Spooks/S8 ep2」でハリーとルースが・・・って、もうSpooksネタは良いですか。でも今回、時間がなくてこの橋には行けませんでした。

黄色っぽい屋根の建物がランベス・ブリッジの向こうに見えます。テムズ・ハウスです。えぇ、ハリー・ピアースがいる所です! って、だからもうまたかよ、しつこいよ、Spooksネタばっかり。
ウェストミンスター・ブリッジとランベス・ブリッジ間のテムズ川沿いは散歩するにはとても良いです。土曜日の朝早い時間だとジョギングする人がいたり犬の散歩する人がいたり、人間観察するのがとても面白い。ミニチュア・シュナウザーを散歩させてる女性がいましたが、この犬種は相当な運動量が必要なので大変そうでした。そのワンコ、私とちょっと遊んでくれたんですが、写真を撮ろうとiPhoneを出してる隙にとっとと走り去ってしまい「ごめんねぇ」と言いながら飼い主のおばちゃんは慌てて追い掛けて行ってしまった(笑)。

ロンドンの観光名所と言えばタワー・ブリッジとロンドン塔はセットみたいなものですね。ロンドン塔の反逆者の門からテムズ川沿いに出ると目の前にタワー・ブリッジがそびえています。この日は本当に天気が良くて影が濃いです。前回タワー・ブリッジへ行った時は体が斜めになるくらいの強風で凍りつくような寒さだったのを思い出します。スカーフを首に巻こうとしても強風でスカーフが踊って手こずるほどだったんですよ。打って変わって夏日のロンドンのタワー・ブリッジは違う建物みたいに見えます。「Spooks/S9 ep8」でルーカスがハリーをこのタワー・ブリッジの近くに呼び出してオルバニーを・・・って、またかよ。もういい加減にした方が良いですか・・・。


The Kinksの「Waterloo Sunset」を聴きながら日暮れにウォータールー・ブリッジを渡る。何度かロンドンへ行っていたのに一度も実行したことがありませんでした。真冬にばかりロンドンへ行っていたので日没が早くていつも間に合わなかった。今回はちょっと早過ぎた(笑)。
ウォータールー駅から忙しそうに人がドンドン流れていきます。曲の中に歌われている「People so busy,make me feel dizzy」が妙にその時の気持ちと重なって苦笑いしてしまった。海外駐在員妻で働きもせず本当に何にもしてない後ろめたい気持ちが増幅されてしまいました・・・。無職になって数年経ってしまい社会復帰が出来るのか不安になってきてるもので・・・。
曲の中で歌われるテリーとジュリーはテレンス・スタンプジュリー・クリスティーだと噂されてましたが違うんですね。その方が良かったのになぁ。ナショナル・ポートレート・ギャラリーには行く時間がなくて残念でした。テリーの写真が展示してあって嬉しかったんですが、今でもあるのかなー。マイケル・ケインと共にスウィンギング・ロンドンを象徴する二人として展示してあったんじゃなかったっけ。