ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

治安良好

イギリスというかロンドンの暴動は既に沈静化していて特にパトカーが走りまくってるといった様子はありませんでした。ただ、警官の数はかなり多かったと思います。観光地には警官がうようよでした。

泊まったホテルがこれまた色んな意味で驚くことばかりで楽しかったです。
独りなら絶対泊まらないようなドアマンがいる良いホテルでした。ネット予約の超格安プランだったので泊まれたようなものですが、正規料金ならまず泊まれない高級ホテル(笑)。地下鉄のセント・ジェームズ・パーク駅のすぐ近くだったので便利だったし、何しろニュー・スコットランド・ヤードのお向かいという恐らくイギリスで最も治安の良い所だったと思われます(笑)。

どこかで見たことのある場所だなと思いながらホテルに入ってロビーを見て益々どっかで見たことある所だよなぁ、映画で見たのかなぁ、とか色々考えていましたがチェックインの時には思い出せず。翌日、ロビーに降りて行ってひょっこり思い出しました。

あっっっ!
あの手すり見覚えある。
あの廊下をマイケル・ケインが歩いてたよーーー!
← 「モナリザ」のワンシーン。
グレイのスーツの後姿がマイケル・ケイン








←はiPhoneで撮影。上の写真と同じ手すりです。思い出しました。ニール・ジョーダン監督作「モナリザ」でした。うぉぉぉ。ここ、マイケル・ケインが来た場所だよ。どーしよーーーーー。大興奮(笑)。一人で浮き足立っていたら夫に白い目で見られた・・・。
ポーターのおっちゃんに聞いてみたら「モナリザ」のロケ地だったことは知らないものの100年以上も経つ古い建物だと教えてくれました。それを聞いていたドアマンのおっちゃんが「その人がこんなに(子供の背丈くらいに手をかざして)小さい頃に建ったんだよ。」だとさ。ポーターのおっちゃん一体何歳だよ(笑)。
ここが「モナリザ」のロケ地だと知ってる人はいないかと別の日にいたポーターの兄ちゃんにも聞いてみました。そしたら知ってたよ(笑)。1年くらい前に「モナリザ」を見たら「俺が働いてるホテルじゃん!」と気付いたらしい。つまり映画を見るまで知らなかったってことです。そんなもんかよ(笑)。でも嬉しい。知ってる人がいた!

ホテルのすぐ近所のパブへ晩ご飯を食べに行ったらメニューに"The Italian Job"というサンドイッチがあるじゃないですか! 「これってマイケル・ケインの映画のタイトルだよね?」とオーダーを取りにきたおばちゃんに聞いたら「そう、それよ!」とにこっと笑ってました。

楽しい!
こういうのが嬉しいよ、ロンドンはさーーーーー。
あ、パブの写真撮ってくれば良かった・・・。