ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Harry's Diary : TOP SECRET

国家機密を読んでしまいました。しかも公文書公開請求なんぞしちめんどくさい事をせずとも国家機密がAmazon.ukで買える(笑)。面白い世の中になったもんです。
「Spooks」の登場人物、ハリー・ピアースの日記という形で出版されている本なんですが、ずっと気になっていたところだけ拾い読みしてみました。

ちょっともぉぉぉ、なんだよぉぉぉ。
やっぱりねぇぇぇぇ、そうだと思ってたのよぉぉぉ。

何をこんなに興奮しているかと言うと、そりゃあ勿論ハリーとルースの事に決まってるのだ!
ハリーがいつからルースを意識していたのかっていうのが一番の関心事だったわけですが、あっさりそれは判明しました。私はハリーがルースに殆ど初対面から好感を持っていたと思ってたわけですが、ハリーが自分の日記でそう書いてる! やっぱりね。ハリーのルースに対する好意というのはルースが有能で頼りになるという事、公私両面でルースの良心に基づいた判断を信頼しているという事、ルースの女性らしい心遣いをハリーが快く思っているという事なわけです。で、その公私入り混じった好意がいつから恋慕に変わっていったのかが気になるわけですよ。ずーっとシリーズを通して見返すと「ハリーとルースのきらめきの瞬間」って感じのシーンがあるわけで、それを見つけるのもなかなか楽しい時間です。

一番気になっていたのは「Series 3 episode 5」でルースがある警護の目的で監視対象だった人物(フォーテスキュー)に岡惚れしてしまうというエピソードです。声だけ聴いて気になって仕方なくなって盗聴して得た情報でフォーテスキューを見ようとするルースは殆どストーカーです(笑)。ルースは一目見て気に入ったけれど次はなし、これで終わりと思っていたのにサムに説得されてデートをセッティングされてしまいます。しかーし、そのサムの執拗なおデートのススメはハリーがルースを監視するのにサムを使っていたからなのでした。サムはルースがフォーテスキューに岡惚れしてると思うとハリーに報告するわけですが、もしそんな可愛げのある事ではなかったらどうなるのか? 一体ルースに何が起きているのか確認する必要がハリーには勿論あるわけですが、ルースを監視するっていうのがハリーにはなかなかに複雑な心境だったと思われるのです。で、結局ルースはあと一歩を踏み出せないままフォーテスキューとはそれっきりお仕舞で傷心の面持ちで溜息をついてるんですなぁ。そこへハリーが「仕事以外で君が何をしようと構わないが、公私混同するんじゃないぞ。」と説教というか優しく諭して終り。サムにちらりと、したり顔を向けるハリーが小ずるい! これ、普通ばれたら即刻解雇だと思うんですけど、そこはほれ、ハリーは最初からルースには甘いので(笑)。

で、この時のハリーの心情がいかばかりだったかが気になっていたわけです!

← サムからルースが自分以外の誰かに惚れてると聞かされた瞬間。建前としては面白がってるのを装う様に満面の笑みでOh,RUTH! と言った後、ほんとはがっかりして何も言えない。この表情だけでも十分にルースの事をかなり気にしているのが分かる。ハリーの表情の変化を見てサムが心配そうにハリーを見るのも思わせぶりですね。サムはきっとハリーがルースに好意を寄せてるのが分かったよ、きっと!



参照【Harry's Diary】
And I must say,I rather liked it. I would never admit it to anyone, but I'm now a little jealous of that Fortescue bloke she was so smitten with.
(なんちゃって翻訳 : 言いたくはないが、せざるを得ない。決して誰にも認めるつもりはないが、彼女(ルース)があれ程心を奪われたあのフォーテスキューというに少し嫉妬しているというわけだ。)

ここだけ読んでもこの本を買った価値があった。
"BLOKE"っていう言葉にハリーの嫉妬を感じるわぁ(笑)。
絶対ハリーは嫉妬してたと思ってたんだよねぇぇぇぇ。
遂に認めたな、ハリー(大笑)。

ルースはこのフォーテスキューに岡惚れしている時、うちでお気に入りの映画「赤い靴」を見てるというシーンがあります。Harry's Diaryではハリーがサムからルースの好きな映画を聞いて誕生日にこの映画からインスパイアされたCDと猫の本(ルースは猫を飼っている)をあげたと書いてある。ルースよりもっと前からいるマルコムやダニーには誕生日プレゼントなんかあげたことないけど、と。なのにルースにはあげるわけですよ。しかも誰にもわからないように、ルースだけが分かるような方法で。ルースの誕生日はハリーがフォーテスキューに嫉妬してから2か月くらい後の事。プレゼントをルースが見つけた時に彼女が少し頬を赤らめたのをオフィスから見てたんですよ! その日の会議でルースはこっそりハリーに微笑んで、ハリーも微笑み返したそうです。あー、こりゃこりゃ(笑)。次の年もハリーはちゃんとルースの誕生日にプレゼントをあげるんですよね。そしてやっぱりルースに誕生日プレゼントを渡すのはチームの皆には内緒の秘密。

Harry's Diaryを読む前はどちらかというとルースがハリーを思う気持ちの方が強いと思っていたんです。ジュリエットに「ルースに惚れてるでしょ?」とずばり言われるまではその気持ちを押し殺してたとばかり思っていたんです。それがあーた、とんでもない(笑)。内緒で誕生日プレゼント渡したりしてんだもんなぁ。

殆どもう恋愛小説読んでる気がしてくるなぁ。