ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

謙虚と卑屈

近所のスーパーのレジはフィリピン人の女性が圧倒的に多いです。
ひと月くらい前から昼間のレジを担当しているフィリピン人の女性はまだ若くて愛想が良い。いつもにっこりして挨拶してくれます。私はいつも買い物袋を持参するのでそれにいれてくれるんですが、テキパキと入れてくれるし、お釣りを渡す時も丁寧です。結構、ぞんざいな態度を取る人も多いし、うんざりした顔の人も多いのに非常に好感が持てる女の子なわけです。まだ女の子といって良いくらい若いと思う。

先日、買い物に行った時、買い物かごを置きにレジを少し離れている間にその女の子は買った物をスーパーのレジ袋に入れてくれてました。私がレジの方に戻って彼女が私の持参した買い物袋に気が付くと一瞬にして表情が曇って謝り始めたのでちょっと驚きました。「全然かまわないよ!」と彼女には言ったのですが、なんかこう謙虚に謝るというよりも怒られる前に謝らなきゃといった卑屈な態度にも取れてしまった・・・。いやもう、そんな謝らなくていいよ。謝るようなことじゃないし。

なんだかそれを見てたら遣る瀬無くなってしまいました。
こんな些細な事でこっぴどく怒られたことが今まであったのかもなぁ。

傲慢な態度を取るアラブ人とか明らかに見下した態度の白人とか、日本にいるとあまり体験しないような人種間格差というものを目撃することがあります。どうにもこうにも嫌な気分になるんですが、自分がしたことでもないのにそれを見ただけでなぜか罪悪感を感じてしまう瞬間がある。自分の日系企業駐在員妻っていう立場をくそ忌々しく思う瞬間だったりするなぁ(苦笑)。