ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

三人のナイトリー氏

近所のスーパーでまたもや手が出てしまうものが売ってまして、つい買ってしまった。またかよ。
「The Best of Jane Austen」というボックスセットで内容は↓。
( )はDVDの発売年。
Pride & Prejudice (2009 Special Edition – frame-by-frame restored)
Sense & Sensibility (2008)
Emma (2009)
Persuasion (2007)

2009年BBC版の「Emma」は未見だったのでこれを最初に見てみました。DVDのジャケットを見て「あれ? Mr.ナイトリーを演じてる役者の写真ない?」とか思いまして、それが間違ってるのを見始めてから気が付いた時の驚きといったらなかったです(笑)。
うっ、うそっ。ジョニー・リー・ミラーがMr.ナイトリーってなんかの冗談?

これまで「エマ」は1996年のグウィネス・パルトロウ版、同年ケイト・ベッキンセール版の2作品を見ていて、GP版でMr.ナイトリーを演じたジェレミー・ノーサムが強く印象に残っているんで、2009年ロモーラ・ガライ版のジョニーがねぇ、もうびっくりでした。しかし冗談でもなんでもなくシック・ボーイがMr.ナイトリーに間違いなかったです(笑)。なんというか、Mr.ナイトリーはつまるところ説教くさいおっさんなわけで、人を諭すような人格者をジョニーが演じるというのにもう驚くばかりでして。ミスキャストだろうがよー、いくらなんでもさー、とか思いつつ最後まで見てみるとこれが意外にも悪くなかった。
KB版ではマーク・ストロングがMr.ナイトリーを演じてまして説教くさいおっさんというところが強調されてる感じでしたが、ちょっとゴツイので、優男なジェレミー・ノーサムの方がやっぱり好きだなぁ。ただ、エマ役はRGが一番好きですね。作ってない無邪気さがあるというか。GPのエマはもともとこの女優が苦手なのもあるけど、一生懸命に可愛い顔してみせてる痛々しさがある。媚びてる笑顔になっちゃうのがなんとも・・・。スタイルは良いんですけどねぇ。作った無邪気さが受け付けない。KBのエマは印象が薄くてあんまり覚えてないなぁ。G・W・ブッシュに似てるなぁ、と思った記憶が・・・。いえ、日本猿っぽいというか。KBはハリウッドに本格的に進出する前にきっといっぱいお直ししたんでしょうねぇ。だって顔が全然違うもんなぁ。

演じる役者でこんなにも違うもんかと、見比べてみると良く分かります。

ジェレミー・ノーサム
この流し目がね、効きます。
知的な紳士でしかも男前。





マーク・ストロング
クソ真面目な正義感の男。
名前が「強し」ですからゴツイ。
でこっぱちがちょっと気になる。




ジョニー・リー・ミラー
元ジャンキーも更生しました(違)。
ちょっと軽いかなー。