ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

訛り

ドバイは雨後の竹の子のようにカフェがあります。ほんとに驚くほどですが、暑い時期の避難所っていう意味もあるのかも。涼しいショッピング・モール内にもたくさんあるので暑さ避難だけじゃなくて、休憩するにもほんとに便利です。

ドバイ・モールにもカフェがたくさんあって、スタバも2軒あったりします。それが、残念なことにコーヒーが薄い気がする。追加料金でストロング・コーヒーにしてくれますが、ストロングにしてやっと日本で飲むカフェ・ラテぐらいだと感じるんですけど。店員さんはコーヒーをストロングにするかとか、何かトッピングするかとか、とにかく追加料金を取ろうとするんで、うっかりしてると高いコーヒーを飲まされます(笑)。

←ドバイ・モールにあるカフェ。
入ったことはないけどいつも可笑しくてニヤニヤします。
カカオ・サンパカなんだけど、私にはもう三馬鹿カフェとしか認識できない。








近所のスタバの女性はどうやらフランス語圏のアフリカ出身らしい。コーヒーをストロングにするかいつものごとく聞かれたんですが、最初なにを言ってるのか分からずに何度も聞き返してしまった。フランス語の「R」の発音で「ストーング」と言うので聞き取れない(笑)。「」の音が全く違う。フランス語の痰が絡んだようなあの音です。

ドバイに来て色んな訛りに遭遇しますが、言葉ってほんとに面白い。
フィリピン訛りの英語はかなり慣れてきた気がします。ロシア訛りの英語とかドイツ語訛りとかは映画で聞いたりして聞き覚えがある感じですが、インド訛りの英語はなかなか慣れないなぁ。

そういえば、タイレストランに行った時にフロア・マネージャーがちょっと優男で、この人、フランス語訛りの英語。なんでレストランにはフランス人なんでしょう(笑)。ギャソンならフランス人なんでしょうか。
私の苗字は「○○○」でして、その優男が夫に「Mr.○○○ロー(かーっぺ)」と言ったのでフランス人だと分かったわけです。ベルギー人かもしれないけど。


↓ 私のフランス語のイメージはこれ。安藤とはいったい誰なのよぉ。
The World of GOLDEN EGGS Episode24