ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

英国ドラマ

Lala TVで放送中の「ロビン・フッド」はなかなか楽しい。
主役のロビンはどうでもいいけど、悪役の二人が素晴らしいのだ。
特にガイ卿を演じるリチャード・アーミテージアーミティッジ*1。なんだかモデルみたいに美人さんです。

左からロビン、マリアン、ガイ
モデルといっても別に大根とか言ってるわけではなく、余りにも姿形が整っているのでちょっと人間離れしてる感じがあるわけです。男前とかハンサムとかじゃなくて美男子って言葉が似合うなぁ。陰湿ないやな奴を演じるのでその美しさが余計に目立つ。どことなくヒュー・ジャックマンの弟って感じで似てるな。たっぱはあるし、顔は整いまくってるし、声は良いし。
ロビンがマリアンと仲睦まじくしてても楽しくないけど、ガイ卿がマリアンに言い寄ってるところはやけに艶っぽくて良いんだよねぇ。ロビンより全然かっこいいじゃん。嫌な奴でもいいじゃん。金持ってるしさー。マリアン、ロビンを捨ててガイ卿に走ったら面白いけどなぁ。

悪役なら洋の東西を問わず代官に決まってますが、その代官を演じるのがキース・アレン。
もんのすごく嫌味できっつい皮肉を言いまくり、代官として職権乱用やり放題なのになぜかとてもチャーミング。お茶目さん。差し歯をたくさん持っていて気分によって付け替えるところなんか、好評だったのか最近良くそのシーンが登場するみたい。しゃれこうべから差し歯をピコッと引き抜いて自分のすきっ歯のところにブスッと付けるとこなんか、可笑しいんだけど気味悪くてなんとも言えない良いシーンですねぇぇぇ。

英国ドラマは思いがけないところで思いがけない人を見かけるので侮れない!
映画、舞台、テレビと垣根を作らずに色んなところで仕事する人が多いみたいで、英国ドラマは見逃せないわぁ。

*1:日本でも本来の発音に近いこちらが定着してようなので訂正します。