ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

長い反抗期

五十路も二年目に突入した。体力の衰えというのも実際感じる事ではあるのだが、それよりも心境の変化の方が大きい。

 

私は今まで一度も子供を欲しいと思わなかった。子供を欲しいと思う事は、ある意味利己的だと考えるくらいかなり捻くれている。なぜ子供を欲しいと思わないのか、実は深く考えないようにしていた。理由を掘り下げたくなかったからだ。今になって思うのは、子供の頃にそれほど幸せではなかった事が大きいのかもしれない。

 

貧乏で食べる事にも事欠くような事はなかったし、家族も多かった。母方、父方の親戚も多く、賑やかな家庭で育っている。甘やかされてはいなかったが愛情は注がれていた。だが、子供らしくいられたのは小学生までだった。

 

中学生になると家業の店番をさせられたのだが、姉と妹は一度も店番をさせられる事はなかった。学校帰りにスーパーに寄って買い物する事も私だけしかしなかった。母からある程度のお金を渡され、私の裁量で献立を考え、父の酒のつまみと食材を買い晩御飯のおかずを作っていた。父も母も、子供のくせに生意気な口を利く私を大人として扱ってくれた、というか、当てにしたのだと思う。人件費の掛からない働き手だ。今思うと親は打算的だったとは思うが、私は一丁前に扱われる気がしてある意味、誇らしく思っていた。

 

同居していた祖父母は兎に角、扱い難い曲者だった。父は未だに扱い難い。そんな所に嫁いで来た母に私はかなり同情していた。今でも可哀想にと思っている。そういう母に対する同情心や罪悪感みたいなものが、母の手伝いをする事を自ら望んだと思い込んでいた。

 

だが振り返ると、喜んでやっていたわけではなかったなと思う。店番をしていれば、子供相手に子供じみた事を言う大人もいたし、世知辛い事情を知ってしまう事も良くあった。そんな嫌な事を知るのは早過ぎたのだと思う。子供のくせにやけに世慣れた風な口を利く、嫌味な子供が出来上がってしまったのだ。

 

両親も私を一丁前に扱う事で私を利用したわけだが、私も一丁前に扱われる事で母から小遣いを余計にもらっていた。そのお陰で映画を見に行けたし、レコードや本を買う事も出来た。だが、如何せん子供には負担だったのだと思う。可愛げのない子供は本当に可愛くない。せめて中学生くらいまでは、子供らしく過ごせたら良かったのにと思う。私の子供時代は短過ぎたのだ。

 

小さい頃からなぜか頼られる事が多かった。幼稚園では、同い年の子が年上の子に虐められていると代わりに喧嘩を売りにいったものだ。小学生になると登校拒否傾向のあるお向かいの子を毎朝学校に連れて行く事が私の務めになった。その子の親から頼まれたからだ。今でも彼らにその事を感謝される。5歳年下の妹が迷子にならないように母から言い含められてもいた。自分はしっかりしていなければならない、なぜならしっかりしていると思われているからだ。しっかりしていると思われているから、その役割を演じなければならなかったのだ。

 

結局私は反抗期というものを経験せずに大人になってしまった。反抗期を迎える前に大人にならざるを得なかったからだ。アダルトチルドレンの事を知った時、私も多分当てはまるのだろうと思っていた。子供が欲しくなかった理由の一つは、自分と同じように子供のくせに子供らしく振る舞う事を大人に取り上げられた子供を作りたくなかったのだと気が付いた。

 

自己憐憫は程々にしたい。ただ自分で望んだ事だと思い込もうとしていただけで、実は煽てられて良い気になっていただけだったと気が付くと、我ながら可哀想な子供だったと思ってしまう。自分でその事に気が付いたのは、幸運だったと思う。勤め先にいる私の半分の年の青年を見ていると、息子がいたらこんな感じなんだろうなーと意外と楽しい気持ちになれるのは我ながら愉快だ。もしかしたら長い反抗期が終わったのかもしれない。

桜と誘導用標示とチョコレート

f:id:bs313:20210325130448j:plain

f:id:bs313:20210325130508j:plain

去年の9月に今の勤務先に務め始めた時から、目黒川沿いの桜を見る事を楽しみにしていた。コロナ禍が早々に収束するとは思っていなかったが、これほど先の見えない展開は、予想内ではあるものの、予想が外れてくれれば良かったのにと思わずにいられない。

緊急事態宣言が解除されてから、週の半分は出勤しているのだが、出勤する度に花の数が増えていく。基本、在宅勤務で仕事するはずが、数人で進めている仕事の期限が迫っていて、オンラインでのやり取りだとイライラしてきた為に、ちょくちょく出勤することになった。公共交通機関に乗るのは正直なところ遠慮したいが、オンラインでの仕事のやり取りに辟易していた事もあって、出勤するのは気分転換にはなっている。数人で会議室にこもってみっちり仕事するのも、集中できるのでたまには良いな、と思う。

朝と夜、川沿いの桜を撮った。この様子だと、満開になっても花の数はそれほど多くなさそうだ。木の状態が良いのだろうか、モコモコと花が咲く木があるが、そうではないらしい。街路樹だからそこまで手入れをされていないはずだ。それでもやはり、桜が咲くと気分が良い。桜の時期が誕生日なのもあるだろう。

夜桜を撮って自宅の最寄駅に着くと視覚障害者の若い男性とエスカレータで前後になった。本当に器用に歩いていく。すごいなぁ。どれくらいの訓練をしたのだろう。エレベーターで一緒に乗り、人の乗り降りがあるので出口まで一緒に付いていった。爽やかにありがとうございます。とお礼を言われて、いやなんか良い人になれた気がしてこっちが有難うと言いたい!と思いつつ駅から出た。すると東南アジア系の若い女性に声をかけられた。道を聞かれるのって久しぶりだなーーーー、と思っていたら、そうではなかった。漢字が書ける留学生仲間が書いてくれたのだろうか、ちょっとたどたどしい字で書いたカードを「これを読んでください。」と言いながら見せてくれた。

資金繰りに苦労しているフィリピンからの留学生だった。チョコレートを売って生活費を稼ぐ、ということらしい。そのチョコは誰かの支援であって欲しい。彼女は八王子に住んでいるそうだ。ここは新宿だぞ! 帰りの電車賃はあるのかい?と心配になってしまった。彼女に少しばかりのお金を渡して「気をつけて帰ってね。」と声をかけて帰宅した。

どれくらいの時間、あそこに立っていたのだろう。声をかけるのも勇気がいるはずだ。
仕事で疲れても、良い人になれた気がして少し気分が良くなっていたが、最後に強烈に切なくなった。

桜と誘導用標示とチョコレート。
来年また桜が咲くと、この三つをひっくるめて思い出し、強烈に切なくなるのだろう。

美容院難民

東京に住み始めて何年になるのか。

ずーっと美容院難民だ。

 

子供の頃からベリーショートだ。ひと月に一度は髪を切りたい。中途半端に伸びるのが一番鬱陶しいからだ。自宅から歩いて行けるか、職場の近くで仕事帰りに行けるか、とにかく便利な所にしか行った事がなかった。だがいつも、なんか違う、これじゃない感がある。

 

お正月休み明けに職場の近所の美容院で髪を切って以来、二ヶ月も髪を切っていなかった。緊急事態宣言が出てから出勤しなくなったせいで、予約しようにも予約できなかったからだ。

 

結局、二ヶ月も伸びっぱなしで鬱陶しい。もみ上げがモッサモサになってきたし、襟足も外ハネしてくるし。80年代に流行したマレットみたいにはなりたくない。

 

ネットで検索して、とある美容院を予約して昨日、髪を切ってもらった。切るつもりだったのだが、こんな感じに伸ばしませんか?と提案されてしまった。カットしてくれた兄ちゃんは良くも悪くも美容業界に良くいるステレオタイプな兄ちゃんだ。良く言えば親しみやすい、気軽に話せる。悪く言えば馴れ馴れしい、軽薄チャラ男。軽薄でもカットが上手ければそれで良いか。

 

伸ばすのめんどくせーと思いつつ、提案されたのは、私もそういうスタイルにしてみたいと思うものだった。ということで、伸ばす事になってしまった。襟足やもみあげはすっきりカットしてもらい、トップは切らずに伸ばす方向性だ。

 

チャラ男のカット技術は、多分確かなものみたいだ。伸ばすと言っても、今のベリーベリーショートからマッシュルームボブくらいに伸ばすのだが、どうなることやら。

 

 

間に合わない

昨年末から編んでいるセーターは、ようやく後身頃が佳境に入ってきた。私にしては珍しく、前身頃、後身頃、袖2枚を別々に編むパターンだ。閉じはぎが嫌いなので、いつも殆どトップダウンで編む。

 

気がつくともう3月になってしまった。とっくに春だ。近所の木蓮は蕾がたくさん付いているし、陽当たりの良い植込みの沈丁花は咲いている。勤務先は換気で窓を開けてあるのが原因で去年の暮れは室内がえらく寒かった。今編んでいるセーターは勤務先で着るつもりでいた。だが緊急事態宣言が解除されても、在宅勤務が継続しそうな気がする。出勤する頃にはセーターを着る気温ではなくなりそうだ。もう間に合わない。

 

在宅勤務がこうも続くとはっきり言って煮詰まる。通勤がないのは嬉しいが、家族や友達とも去年の10月から誰にも会っていない為、良い加減に誰かと面と向かって喋り倒したい。私はすこぶるお喋りだ。出勤したところで、在社時間は最短にするようにと厳命がくだっている為、用が済めばさっさと帰らねばならない。そもそも勤務先でそんなに話をする人などいない。

 

私は元々、引きこもり傾向があるのだが、親しい人と誰にも会わずに半年もすると良い加減にストレスが限界に達する事が良く分かった。電話やビデオ通話のようなオンラインでは味わえない、同じ空間にいる物理的な共有感の重要性がこのところ身に染みている。

 

 

春遠からじ

f:id:bs313:20210210120412j:image

近所の梅がマスクをしていても芳しい。良い匂いだ。ここぞとばかりにマスクを外し深呼吸しておく。

 

花粉はそろそろ飛び始めるのだろうが、幸い私は花粉症ではない。今のところは。いやでも、ちょっとは鼻水が出るし目も痒い。いやまだまだ、花粉症ではないと自分に言い聞かせる。

 

ずーっとマスクをした生活が続いたせいか、鼻の中に吹出物が出来てこれが全く治らない。しかも鼻毛が伸びるのも早い。いつの間にか鼻毛が飛び出ているのを発見して恥ずかしかった。老眼になると良く見えてないせいもある。こんなに鼻毛が伸びるのは初めてかもしれない。鼻毛より睫毛が伸びれば良いのだがなぁ。最近、逆睫毛になりやすいのだが、伸びる前の短い間に抜けているせいかもしれぬと思った。

 

更にはシャンプーの時にこれまで見たこともないほど髪が抜けるようになった。これはもう決定的に更年期のせいなのだろうと思い、大豆イソフラボンサプリメントを飲み始めた。禿げたくないし、睫毛も残したい(笑)。

 

効くのか、大豆イソフラボン

 

 

受検

受験ではなく受検した。

この時期に受検と言えばPCR検査に決まっている。

 

先週、2日連続で発熱してしまい、重症化リスクの高い持病がある為、かかりつけ医に電話してみた。すると電話に出た受付の女性は、私の話を途中で遮り、発熱した患者様は受付られないの一点張り。

 

いや、それは知っている。ただ、発熱した場合はまずかかりつけ医に相談しろと云うのが厚労省も東京都も居住区の保健所も謳っている。だから相談したいのだが、と説明するのを遮られ、話を最後まで聞いてもらえず断られた。そのクリニックの患者かどうか確かめもしないままだ。本気で病院を変えようと思っている。そこは最寄りだったのと歯科もあるので通っているだけだ。受付のせいであのクリニックは相当に損をしていると推測した。

 

熱が上がる時独特の悪寒がしたのだが、微熱であったのと、インフルエンザのような酷い倦怠感や関節痛などはなかった。在宅勤務が続いている為、自動的に自主隔離状態であったのだが、初日は大人しく寝ていた。結局、居住区の保健所に電話をかけ、最寄りの発熱外来を紹介してもらった。こちらの病院はかかりつけ医のクリニックとは打って変わってとても親身に話を聞いてくれた。持病があるので症状が軽くても検査を受ける事を検討してください、と云う事だったのだが、翌日まで様子を見ることになった。

 

在宅勤務だと休んでいる事を知らない人がいるのだ。今日は休みますと一斉にお知らせでもすれば良かった。チャットでメッセージは届くし、電話はかかってくるし、おちおち寝ていられなかった。結局、翌日は朝から普通に仕事した。倦怠感はないが微熱というあまり経験したことのない状態だったので余計に不安になる気もしたのだが。ただ、微熱とはいえ熱が下がらず、発熱から3日目に保健所でPCR検査を受けた。

 

保健所までは徒歩で40分はかかるはずだ。しかも坂道。以前からバイクシェアリングを利用したいと思っていたのだが、こんな事で登録する事になるとは思いもしなかった。

バッテリー付き自転車で坂道を登るとその実力に顔がニヤニヤした。これは買うしかないのではないか。もしかして通勤もいけるんじゃ?と思えてきた。真剣に検討する価値があるぞ。

 

PCR検査の簡易検査室は私が思っている以上に簡易的だった。ウィルスが拡散しないようにフィルター付きの換気システムが設置されていたのだが、これバカ売れだよなー、どこの商品?等と、こんな状況で仕事か・・・。ただ、商品名はしっかりと確認して、Google先生で確かめてしまった。

 

「陰性」という検査結果が今日届いた。さすがにビビっていたので正直ホッとした。ただ発熱の原因は不明のままだ。なんで熱が出たんだ。これも更年期のせいにされるのか(笑)。

不公平感

勤務先は1月8日から完全に在宅勤務になったのだが、それまでは、隔日に出勤と在宅を繰り返すスケジュールだった。在宅勤務になると曜日の感覚が狂ってしまうどころか、祝日の感覚も薄れる。

 

先週の金曜日に次週の予定をやり繰りしたのだが、夕方になってチャットで打合せして初めて、1/11(月)は祝日だと気が付いた。予定が全部狂ってしまい焦ってしまったのだが、50歳で子供がいないと成人式なんて、まるで関係ない為に完全に失念していた。

 

通勤で使う路線では運転士に感染者が続出して減便運行になっている為、1/7の出勤では普段ではあり得ない混雑率だった。あの密集状態は最早恐怖でしかない。

 

勤務先では、元は同じ会社が分社化したせいで同じフロアに別会社が共存している。別会社なので在宅勤務の考え方も違う為、非常に不公平な状況だ。私が勤務する側の会社は偶然、正社員も非正規雇用も待遇が同じだった為、不公平ではない。だが同じ派遣会社から勤めている別会社に勤めている人は、なんと在宅勤務がないのだ。正社員のみが在宅勤務になるらしい。

 

この不公平感。

同じフロアでこれだ。

どうしてそんな事になるのだろう。

世の中の不公平感がコロナ禍で浮き彫りになっている。

 

離婚するまで気持ちに余裕などまるでなく自分の事で精一杯で、人に親切にするなんて考えてもいなかった。今の勤務先でちょっと前までは絶対に避けていたような、大きなお世話、要らぬ世話をしているのも、人に親切にしたいと思うようになったからだ。本当に要らぬ世話だと親切の押し売りでしかないが。

 

望遠鏡的博愛と揶揄したディケンズの影響もあって、子供の頃からチャリティはあまり好きではなかった。だが先々月、偶然見かけた国連難民サポーターになった。ドバイに住んだ経験が大きいが、アフガニスタンバングラディシュなど、それまで遠い国の人でしかなかったのが身近に感じられた事は大きい。本当にわずかながらも毎月、寄付を始めた。

 

世の中は不公平だ。子供の頃に憧れたコルホーズソフホーズは幻でしかなかった。そして格差社会はなくならない。保身の為にお金は大切だというのもまた事実だ。

 

一輪でも良い、花を飾ろうと思うようになった。

大袈裟ではなく、花は希望に満ちていると感じるようになった。