ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

浦島太郎

ただ今、西武新宿線本川越行きで移動中である。初めて西武新宿駅に行った。当然、西武新宿線に乗るのも初めてだ。新宿駅に着いた人が雪崩れ込むため、これから駅に入っていく逆走する私は面食らった。誰も入っていく人がいない。出てくる人だけだ。

 

勤め始めて今日で丁度ひと月になる。そして今日は埼玉県某市で現調だ。現調までさせられるとは正直思っていなかった。こちとら目黒駅までの坂道で膝が痛くなっているのに、現調か・・・。私物のスケールを一応持参した(笑)。

 

上司は一回りくらい若い。良いとこの坊々風の童顔だ。仕事が趣味らしい。何しろメールの返信時刻が22:37だったりする。そんなワーカホリックな坊々顔の上司だが、仕事の件でチャットのメッセージを送信したら、表情の絵文字付きで返ってきた。一瞬、背筋に衝撃が走った。

 

私が社会から隔絶されている間にすっかり世の中が変わっていたらしい。

 

包囲網

毎日着実に陽が短くなっている。

10日ほど前、仕事帰りに撮った目黒川。ビルと高架に囲まれた三角形の空を、染み入る色合いの夕陽が彩って実に美しかった。もう定時に仕事を終えてもこんな夕陽には間に合わない。

 

f:id:bs313:20200930123321j:image

 

やはり気温が下がると川の臭いも落ち着くようで、臭わなくなってきた。

 

先週木曜日、勤務先のビルで別のフロアに入居している別会社の社員が新型コロナウィルスに感染していると判明した。感染が判明した方は、感染判明から遡って2週間は在宅勤務だったらしく、勤務先のビル内に濃厚接触者に該当する者はいないと判断された。お陰でビルの全封鎖はされず、共用部のエントランスやエレベーターだけに消毒殺菌処置が行われた。

 

これまで、身近な人で感染者が出ていなかったのだが、着々とウィルス包囲網が出来つつあるような気がしている。無症状の人が感染源になっている市中感染が爆発的に増えずとも、一定数以上はこのまましばらく数年単位で持続するような気がしてならない。幸い、感染の初期段階で治療を始めれば重症化する確率も抑えられてきたようだし、致死率は至って低い。症状の有無は別にして、全人口一網打尽でPCR検査し感染者は有無を言わさず隔離措置するよりないと思う。こうなると人権もクソもない。有効なワクチンが遍くない限り隔離措置しかないわけだ。最早、ニュースで今日の感染者は◯◯人などと言ってもまるで気にしなくなった。感染者が何人いようと自分がすべき事に変わりはないと割り切っている。

 

勤務先の上司から在宅勤務に切り替える話が出ているのだが、何しろ今の勤務先はPC起動中は常にオンラインが必須になっている。勤務先から貸し出されたポケットWi-Fiは常時接続するとあっという間に速度制限がかかってしまった。仕方ないので自宅の回線に接続したが、我が家とて所詮はポケットWi-Fiと同じホームルーターだ。常時接続なんかして速度制限がかかると、今見ているスティーブ・ブシェミ主演「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」が見られない! それは困る。スコセッシが苦手で今まで見なかったのを後悔した。ブシェミとケリー・マクドナルドという私の大好きな俳優の恋模様を見る日が来るとは恐れ入った。新鮮だ。なにこの二人の瑞々しさ。

 

結局、在宅勤務が前提になってくると光回線を導入するしかないと判断し申込みを行った。が、世の中そんな人ばかりのようで工事の日程が随分先だ。それまでは毎日通勤しなければならない。今の契約に解約違約金を払っても、新規に申し込んだ回線では半年で相殺できる割引プランだ。契約の2年縛りが発生するが、引越しする場合も転居先で契約を継続すれば良いやと工事に踏み切った。工事が面倒くさいのでインターネット回線は工事の必要がないホームルーターにしたのだが、1階だと携帯電話ですら音が切れがちなくらい電波が悪いのだ。潔く入居時に最初から光回線にしておけば良かったなと思う。

 

八方塞がり。すっかりウィルスとインターネットの包囲網に晒されている。

目黒川のにほひ

先週から新しい職場に勤め始めた。心配していた通勤もテレワークの影響で乗客が減少しているのだろう。今のところ、ぎゅーぎゅーになる事なく地下鉄で通っている。

 

ひとつ嬉しい事がある。職場は目黒川沿いにあるのだ。桜が咲く頃はさぞや良いだろうなーと思っている。

 

f:id:bs313:20200922165145j:image

 

が、職場見学という名の面接で訪れた時は目黒川は悪臭がしていた。マスクをしていながら分かるほどの悪臭だ。臭いに気が付いたのだが、臭いの元がしばらく分からなかった。どうやら川に注ぐ道路脇の側溝から臭いが上がってくる。グレーチングの部分から臭うのだ。

 

川の水は色んな色を使った筆を何度も洗った時の筆洗の水のようだ。透明感がまるでない。暑い時期だから余計に臭うのだろうが、気温が下がるとどんなものだろう。

 

感染予防を考えると来春もきっと花見は大々的に行われる事はないと思う。その方が都合が良い。独り静かに橋の上で花見が出来たら良いなー。それまで勤め続けなきゃならぬな。

社会復帰

先週、職場見学という名の面接に行った会社で雇ってもらえる事になった。来週から勤務が始まる。8月は有休を使ったせいで殆ど働いておらず、約ひと月ぶりに通勤が始まる。以前よりも通勤時間が長くなるのだが、前職よりも出社時間が30分遅くなるので起きる時間はあまり変わらない。

 

前職の通勤は東京では考えられないガラガラの地下鉄での通勤だった。来週からはそんなわけにはいかず、どれくらい混むのか、通勤が一番の心配事だ。テレワークの可能性もあるらしいが、週の半分はテレワークだと随分と気が楽だ。

 

派遣契約というのは実に偽善的な契約だと思うのだが、面接ではなくあくまで職場見学と呼ぶのがなんとも言えない。同一労働同一賃金とて偽善の塊だ。この歳で正社員で雇ってもらえるとは思わない。その為にもiDeCoでせっせと貯めねばならぬ。

 

このiDeCoの手続きが面倒臭い。前職では厚生年金に加入していたが、先月末で退職してから今月と来月は国民年金になる。健康保険は任意継続したが、年金は切り替えねばならない。

つまり、厚生年金 → 国民年金(2ヶ月) → 厚生年金 と切り替えになるのだが、iDeCoの手続きも2回する事になるのだ。書類を作成して提出するだけなのだが、なんとも面倒くさい。最初のひと月は試用期間みたいなもので、ここで辞めれば国民年金のままだ。当然ながらよっぽどの事がなければ更新したい。

 

職場を変わるのは利点と欠点がある。今回の利点は前職よりも勤務時間が30分短くなった上に、時給が上がった。月給で考えても前職より上がった。仕事の内容はかなり多岐に渡るようでちょっと警戒しているが、前職でもそれは同じだった。金をもらえるならその分はきっちり働こうという気にもなる。

欠点は通勤が前職よりもかなり辛そうだという事だ。これにしても、来週から使う路線は東京砂漠では空いている路線だ。とりあえず。テレワークになることを祈っておこう。

 

 

コロナ禍に失業

勤務先で私に指示を出すのは社長だった。

完全なる団塊の世代の元猛烈社員だ。

以前は大手企業で地方の支店長までやったらしいが、早期退職して今の会社を起こしたそうだ。

 

兎に角、バブルを体現している人だ。高度成長期に子供時代を過ごし、就職してからはバブル景気の80年代を謳歌し、銀座のクラブに通ったり、会社の金でヨーロッパ視察旅行なんかに行っていたらしい。当然の如く、仕事人間だ。仕事が最優先である事を微塵も疑わない。

 

そういう人がパワハラをするのはごく自然な成り行きだ。というか、自分がパワハラをしているとは思いもしないだろう。私もかなり威圧的な態度を取られていたが、言われる前にやっておく事でなんとか対処してきた。そりゃもう神経をすり減らすのだが。

 

今年に入ってから勤務先が受注した案件で期日に追われる仕事がめっきり増えてしまい、先回りするのが難しくなってきていた。コロナ禍でテレワークになり、通勤がなくなり楽になるかと思ったら、土曜日に仕事をする羽目になった。何しろ出勤せずとも自宅で仕事ができるからだ。

 

月曜の朝イチ

 

この言葉が大嫌いだ。

全く、いい加減にして欲しい。

月曜の朝イチに資料を用意するのに、金曜日の夜や土曜の朝にメールを送ってくるということはつまり、土曜日も仕事しろという事なのだ。

 

一度、土曜早朝の社長からのメールを見なかった事にして月曜までほったらかしておいたら、2週間くらい延々と事あるごとに「メールは毎日確認するように!」と説教された。

 

こういう人は自分の要求を相手がこなしたら、それ以上の事を平気で言ってくる。忙しいと機嫌が悪くなって更に嫌な態度を取られる。

 

もういいや、やめよ。

 

という事で、8月で勤務先を辞める事にした。7月に契約更新の確認をされたが断った。派遣会社の担当者からも勤務先の社長からもかなり驚かれた。こんな時期に辞めて次がないかもしれないと色々言われた。が、このままいくとコロナよりストレスで体調が悪くなる気がした。

 

離婚してから偏頭痛が減り鎮痛剤を飲む回数が劇的に減った。血圧も安定していた。それが4月くらいから偏頭痛と共に血圧も上がってしまった。更年期のババアなめんなよ!と言いたい。

 

昔は短期間で仕事を辞める事がまるでなかった。更年期で切れやすくなってるのか?と多少心配にもなっているが(笑)、絶賛就活中である。現在契約中の派遣会社は実にろくでもないので、派遣会社を変える良い機会でもある。私は残った有給を使って今月は殆ど休みだ。どこにも行けないのが悔しい。クソ暑いのに毛糸の在庫を減らす為、せっせと編み物をしている。

 

それにしても、仕事をしないと偏頭痛が起きない。やっぱりストレス要因だな、偏頭痛は。

 

どっか行きたいなー。

虫の恩返し

今朝、洗濯物を干しているとバルコニーの腰壁に虫発見。

部屋からiPhoneを持ってきてビデオ録画を始めたらいきなり排泄。
そしてそのまま去って行った。

ハムシかと思って検索してみると、どうやらハムシダマシというらしい。
出たぞ、虫の名前によくある似て非なる奴。「ニセ」とか「モドキ」とか「ダマシ」が付く奴。

虫の恩返しを期待していたら、ハムシダマシからお土産を頂いた。
う◯こだけど。

youtu.be

コガネムシは金持ちだ

一昨日、早朝、ジジジ、ジジジ、という音で目が覚めた。5時過ぎだった。

なんだこの音?と考えていると音が消えた。だがまたしばらくするとジジジ、ジジジと始まる。ベッドから起き上がって音源を探すまでもなく、給気口からだなーと思い見つめていた。虫の羽音だなー。

 

多分、何か虫が入り込んで抜け出せなくなっているのだろうと思ったのだが、ゴキブリが頭から降って来るのは正直ゾッとする。が、そのままここで死亡されても更に嫌だ。

 

右手にクイックルワイパーを持って、パネルを取り外すと、やはりいた。幸いゴキブリではない。一瞬ゴキブリかと思ったが、色がもっと薄い茶色だ。心なしか白いマダラみたいな模様も見える。そしてブラシみたいな触覚がバカでかい。

 

カメムシ にしたら大きいし、なんだこの虫と思っていたのだが、部屋を飛び回られても困る。クイックルワイパーに乗せてバルコニーへ出たら、ブーンと飛んでいった。出られなくなって体力を消耗していたのかもしれない。動きが鈍かったので助かった。

 

ゴキブリやスズメバチじゃなくて良かったなと思っていたら、昨日、またもや5時過ぎにジジジ、ジジジ。まさかと思ったが、やはり一昨日と同じ虫だった。同じ個体かどうかは分からない。

 

同じようにクイックルワイパーに乗せてバルコニーに出たのだが飛び立った後で、急降下。隣室のバルコニーの腰壁に背中で不時着してしまった。しかも腰壁のタイルの溝に挟まってジタバタしても起き上がれない。ここでまたクイックルワイパーが活躍。無事に救出に成功した。

 

また不法侵入されるのが嫌なので、外壁のベントキャップに虫除けスプレーをかけまくった。というか、ベントキャップに防虫網が付いてないのか? どうなってんだ? 窓の上部にあるので高過ぎてどうしようもない。虫除けスプレーの効果なのかは不明だが、今朝は不法侵入されなかった。

 

今住んでいる部屋の給気口。

ここからジジジ、ジジジと音がするのはなかなか不気味だ。

f:id:bs313:20200807220213j:image

 

コフキコガネムシをWikipediaで見つけた。オオコフキコガネというのもいるらしい。触覚がバカでかかった不法侵入者は、コフキかオオコフキ、どちらかなのじゃないかと思う。

f:id:bs313:20200807220602j:image

 

私の部屋は1階でバルコニーの前は緑に溢れている。クマゼミでなくてもミンミンゼミが大合唱するとさすがに煩い。どうやら虫の宝庫なのではないか?

f:id:bs313:20200807223641j:image

 

コガネムシは金持ちだ〜♪

虫の恩返しでもあれば良いな。

何を期待しているのか(笑)。