ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

バカボンの世界

5月で仕事をクビになって以来、日記を書いておりませんでした。

理由は色々ありますが、6月中頃までは仕事探しで落ち着かなかったのがまず一つ。
仕事が決まってからすぐに勤務開始だったので、職場に慣れるまで落ち着かなかったのが二つ。

仕事内容は前職とはまるで違ってぬるま湯どころか熱湯。契約ではそんな仕事内容ではないはずなのに、いざ仕事を始めてみたら「え? そんな事までやるのかよ!」という有様です。12年も昔の仕事なんかきれいさっぱり忘れている事も多い。更には昔使っていたものの度重なるアップデートですっかり様変わりした仕事でメインに使うソフトウェアとの格闘もありまして、かなり頭を使わないといけない。仕事内容を全体的に把握するのが非常に面倒臭い上に、周囲の人は自分の仕事で忙しくて相手をしてくれる人がいないという不親切さ。まー、あの忙しさじゃ無理もないんだけどね。

いやちょっとさー、これさー、派遣会社に文句言えるレベルだな、というのが現在の状況です。

更にもう一つ。
6年ものの MacBook Air が起動しなくなったこと。
こんな事は初めてだったので、MacBookのセーフモードで起動する方法とか何も知らず、あれこれ調べてみたのですが・・・。買った当初にリカバリーディスクを作っておいたのですが、何しろ USBの外付けドライブを読み込めないときたもんだ。データのバックアップも何も出来ず、結局、ハードディスクをフォーマットしてOSを再インストール。これも何度か失敗して、ようやっと起動して使えるようになりました。幸い、iPhoneを使っているので、ブックマークやら連絡先やらiCloudに保存しているデータは共有できるので助かりました。

そろそろ新しいMacBook買わなきゃいけないのか・・・。

更にもう一つ。
7月の暑さです。
連日40℃を超える砂漠の国に三年暮らしていたので、あれよりはマシだなとは思うものの、東京では歩かなければいけません。砂漠の国では歩くと言っても近所のスーパーへ行く為に5分とか、バス停まで5分とか、ま、バスがなかなか来ないと地獄の暑さだけど、最初から歩くことは考えていなかった。というか、歩いてたら本当にすぐ熱中症になりそうでした。実際、謎の筋肉痛にしばしば襲われていたんですが、あれは多分、軽い熱中症だったんだろうなーと。

しかし、東京では通勤の為に駅まで歩かなくてはなりません。電車の中は冷房が効かないくらいギューギューで自分も周りの人も汗だくなのに、べったりくっついていなきゃならなかったりで、汗が全く引かない。それなのに、職場は冷房が効き過ぎて寒いという矛盾。

異常気象の最後のトドメが東から西に進む台風。もう台風とは呼べないのじゃなかろうか。何か違うものなんじゃないのか。
西から日が昇るバカボンの世界になってしまったのか(苦笑)。