ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

真田丸

ほんのつい最近、見始めたような気がしていたのにもう最終回だなんて。一年が早いなぁぁ。本当に久しぶりで一年を通して毎回欠かさず見た大河ドラマになりました。

草刈正雄真田昌幸を演じるというだけで、これは見ねば!と思ったのですが、本人も長い俳優人生の中で親子どちらも演じられたというのは本懐を遂げたような心持ちになったのではないかなぁ。西村雅彦が三谷幸喜作品に久しぶりに登場するのも見たくなった大きな要素だったのですが、いつ「黙れ、小童ぁぁぁっ!」が出るのか楽しみで仕方なかったです。

しかしそれにも増して、一年を通して最も心を動かされたのは武田勝頼を演じた平岳大でした。いやー、素晴らしかったですねー。二代目の悲哀をこれほど上手く演じられるのは、自分が二代目だからだとも思いますが、それにしても良かったです。大河ドラマのスピンオフで武田勝頼を見たいくらい(笑)。