ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

祖父の足跡 青の都編

三つの世界遺産の街を訪れた。シルクロードの時代から続く青い街。モスクや霊廟はどこも青いタイルで彩られ、見事としか言いようがない。兎に角、青い。

青は清浄、そして貴重な水を表しているそうだ。一面の青に囲まれると殆ど言葉が出てこなかった。何度も何度も口から「キレイ」とこぼれたが、それ以上何も出てこなかった。圧倒的な美しさに脳が麻痺したようだった。ついでに寒過ぎて口も麻痺していた。

寒過ぎて観光客が一人もいない霊廟もあった。絶好のシャッターチャンスだったのだがiPhoneも寒過ぎてバッテリーが誤動作して使い物にならなかった。なぜバッテリー切れになるのか分からず何度か電源を入れ直したのだが、ひょっとしたら温度が低過ぎるからかもと思いついた。後で車に戻ってしばらくすると何事もなく動作していたのでやはり気温が低過ぎたせいらしい。翌日からはホッカイロを入れたポケットにiPhoneを仕舞っておくようにすると、誤動作する事はなかった。マイナス13℃の気温だとバッテリーの温度が下がってiPhoneは充電不足だと判断してしまうらしい。一つ利口になった!