ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

毛糸中毒

ソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが、近所のシダレザクラは粘り強くまだまだ咲いていました。


シェトランドウールでカーディガンを編み終わって、この冬の編み物は終わり。今冬は大物ばかりで充実感がありました(笑)。お陰で大物を編む為の毛糸の在庫は片付きました。が、大物を編む為に余裕を持って買ったら思いの外に余ったものとか、以前編んだものを解いたものとか、半端な量の毛糸はまだまだかなり在庫があるのです・・・。どうせなら在庫の消費を一気にしたいのですが、半端な毛糸の使い道は材質も太さもバラバラだとなかなか難しい。

最近知った、海外のニッターさん達が使う言葉。

YARN PO*N

変なサイトとリンクされては困るので伏字にします(笑)。編み物好きの人には編むのも楽しいけれど、単純に毛糸が好きという人が多いと思います。海外の編み物好き、ニッターと呼ばれる人たちのサイトを見ていると、こんな毛糸を手に入れたから見てー!と、写真を掲載している人がとても多いです。国外に限らず日本でもそういう人はたくさんいらっしゃるわけですが。で、その毛糸への強い愛情というのを毛糸中毒(Yarnholic)と呼ぶより更に挑発的な言葉で毛糸ポ◯ノ(Yarn Po_n)と呼ぶのを最近知りました(笑)。どちらかというと、偏愛、フェティシズムに繋がるものだと思うので、日本で言うところの「フェチ」くらいの意味合いなのでしょうか。

セーターやカーディガンのような大物をこの冬はいくつも編んだし在庫を増やしたくないので、毛糸を買わないようにしようと思っていたのですが・・・。何やらとても心惹かれる毛糸屋さん『ひつじだま』を見つけてしまったのです。
海外の毛糸をカセ売りしてあるのですが、海外の毛糸を取り扱う他のお店に比べるとかなりお得な価格設定だと思います。なんか既に欲しい毛糸がたくさんあって目移りしてしまいます。ここまでお読みになるとお察しかと思いますが、やってしまいました。ブラックベリー・リッジのナチュラルグレーを買ってしまった。見た目はツイードのざっくりした感じに見えますが、手触りは滑らかで柔らかくふんわりしています。早く秋になって欲しい(笑)。