ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

007 スペクター

ダニエル・クレイグはこれが最後の007だと思いながら演じたのか、ラストシーンは本当に清々した表情に見えました。公開前のインタビューで次回作に出演するなら手首を切った方がマシだ!と言っていたので、半分冗談だったにせよ007は十分に演じ切った燃え尽き感があるのでしょうね。

ダニエルが007に決定!の発表がされると世界中から非難轟々でしたが「カジノ・ロワイヤル」が公開されると掌を返したように状況が一変。私もその一人でした。金髪で背の高くないボンドか・・・、なんか不安だな・・・、と思っていました。しかし、ダニエルの演技力というのは、笑うと可愛いジャガイモっぽい顔をしてボンドガールより背が低い男でも、これぞジェームズ・ボンドだと納得させる説得力があったのでした。本当に良い役者なのです。しかし、良い役者である事が007を演じる弊害になっている事も確かな事だと思うのです。
ロジャー・ムーアピアース・ブロスナンの様に良く言えば軽妙洒脱、悪く言えば軽薄な007であるから荒唐無稽な悪の組織を登場させようと、娯楽映画なんだから良いのよと、現実に起こりそうな迫真性がなくても良かったのです。けれどダニエルはどんなに荒唐無稽な悪の組織であっても、そこに現実性を作り出そうと躍起になっていたように見えるのです。ブロフェルドですよ。そんなの、リアリティとか求めてどうするよ(笑)。

お話の展開としては編集のせいなのか、どうも展開にぎこちなさというか、テンポの悪さを感じてしまいました。雪山の中に建つ診療所でボンドガールに出会うなんて、私が好きな「女王陛下の007」みたいです。「女王陛下の007」のテレサと「スペクター」のマドレーヌが重なりました。「女王陛下の007」で結婚したばかりのボンドとテレサが車で去って行くのと同じように、「スペクター」でもボンドとマドレーヌがQの努力でスクラップ状態から蘇ったアストン・マーティンDB5で去って行くのも似ている。ここで、ああああ、マドレーヌ殺されちゃうのか・・・、と思ったらどっこい(笑)。そのまま走り去って行った。ある意味期待外れでありました。

ダニエルはこれでボンド・ムービーとおさらばするつもり満々なわけですよ。DB5も取り戻したしね。だけど、プロデューサーのブロッコリー女史は引き止めに必死のようですが。あの終わり方をすれば、007の設定をリセットできますから、次のボンドは誰でも良いと思います。初の黒人007でもなんでもありでしょう。イドリス・エルバが候補に上がってるという話がありますし。だけど私はもっと若い役者が良いと思います。ボンドを演じると老けるのが早いような気がするよねぇ。

「スペクター」には正直、それほど期待していませんでした。楽しみではありましたが、前作「スカイフォール」の出来が良かっただけに、あの緊張感を維持できるのかなと。そこで、緊張感を持続させるのではなくもっと古典的なボンド・ムービーとしての娯楽作品を作ろうとしたようです。ダニエル・ボンドの特徴である切実で深刻な展開から古典的なボンド・ムービーに立ち返ったようでした。屋根から落ちてソファに着地して無傷なんていうロジャー・ムーアがやりそうなお笑いまで用意されていたし、オメガの時計は時間が分かるだけじゃなくて爆発するし、アストン・マーティンDB10には色んな仕掛けがあったし、火薬量が膨大だったし。ボクソールのHQも木っ端微塵だもん。

クリストフ・ヴァルツのブロフェルドは不気味でしたねー。ドナルド・プレザンスのブロフェルドに近い感じでした。最初は顔に傷がないのでびっくりしたけど。勿体つけた芝居掛かった話し方もキャスター付きの椅子で動き回るのを見ていると「リトルショップ・オブ・ホラーズ」でスティーヴ・マーティンが演じたサディストの歯医者のようでした。お約束の銀色のチンチラも登場しております。昔、うちでもチンチラを飼っていて父はブロフェルドみたいだと満更でもない風でした。が、その猫は納豆が好物で屋根から落ちて前脚を骨折する父の幻想を打ち砕く鈍臭い猫でもありました(笑)。でもその猫は父に一番懐いてたなぁ。

ボンドガールはモニカ・ベルッチの出番があれだけって、なんでなの? もっと後の展開に絡めなかったのかなー。だってモニカ、イタリアの宝石だぜー。離婚してから急に老け込んだように見えますが、それも出演シーンが少ない理由なのだろうか。ボンドガールが老け込んでるとダメってことかなぁ。でもモニカ・ベルッチだよ。いい女なのに。ダニエルとレア・セドゥよりダニエルとモニカの方がお似合いだったけどなぁ。

ダニエルのボンド役は実は今回が初めて楽しむ余裕があったのではないのかなーと思いました。これまで期待に応える為にとにかく必死だったと思うのですが、これで最後だという気持ちと自分もプロデューサーとして映画製作自体に関わったことも影響しているのかなと。プロデューサーとしてクレジットされているからには製作に関してかなりの権限があったはずですからねぇ。それが良かったのか悪かったのか、なんだか微妙(笑)。でも白いタキシード着て結婚式の新郎みたいに見えなくて良かった!

とても良いシーンだなと思ったのは、007とQとタナー三人が並んで立っているところ。別に動きがあるわけでもなくただ黙ってじっと三人が立っているのですが、立っているその姿だけで人物像が良く見えてくる!というのが素晴らしかった。旨い役者でないとこうはいきません。やっぱりタナー役のローリー・キニアは良い役者だわー。

次のボンドは誰だ!
私はマイケル・ファスベンダーに1票。