ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Undeniable(英語字幕すら無し)

このDVDには英語字幕すらありませんでした。
つ、辛いなぁぁ。
細かいところが分かりゃしねー。
最後まで見ても、犯人の動機が全然分からない。すっきりしねー。

ピーターは髭を蓄えておりまして、この髭も犯人につながるヒントになっているのが後で分かってきます。で、この髭がピーターをほっそりと見せておるのですよ。顔だけ映ってるとほっそり見えますが、カメラが引くと体の分厚さが良く分かります(笑)。殆どテディベアです。可愛いんです。殺人の嫌疑を掛けられるので眉間に皺寄せてますが、あれでニッコリしてたらテディベアかパディントンです。グレーのスーツが似合うわ。ピーター鑑賞にはとてもお買い得なDVDでありました。ま、動機が分からなくて消化不良を起こしそうですが。

前後編に分かれておりまして、前編は非常に緊張感があり字幕がなくてもなんとなく分かる展開です。しかし後編はですね、最後まで見て、え?終わり?ちょっと待って動機の説明なし? あっと驚く大どんでん返しが用意されています。

骨髄移植すると血液型は移植したドナーの骨髄に由来するから変わるなんて、もうびっくり。殆どフランケンシュタイン博士な世界です。全然知りませんでした。移植するには血液型が一致しないと不可能だとばかり思っていたのですが、骨髄移植の場合は血液型の一致は関係無いのだそうですよ。いやーーーー、本当にびっくりしました。