ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

「クイルズ」の馬上の人

昨日、なんとなくチャンネルを合わせたらスターチャンネル2で「クイルズ」が始まりました。
マイケル・ケインが若い娘を相手に頑張っていたよなー、と思いながらなんとなく見ていたら・・・。

あら?
この馬上の人、トム・ウォードだ!
ええええええええ。
侯爵の原稿を受取に来る男の役ってトム・ウォードだったんだーーーー。

びっくりしたなー。
今の今まで、全く気が付いておりませんでした。
ケイト・ウィンスレットが健気に恋する相手だけあって二枚目です。サド侯爵と関わり合う間にすっかり耳年増になったマドレーヌですが、馬上の人を待つ気持ちは純粋で乙女な恋心というのが泣かせるではありませんか(笑)。

原稿を受け取る約束の日に姿を見せないマドレーヌを心配する馬上の人。
こんな事なら名前くらい教えておけば良かったですなー。
フランス版「君の名は」と化していました。

ポロが趣味のトムならではの手綱捌きです。
スタントなしだ。
何をやらせても二枚目だねー(笑)。