ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

未来少年コナン HDリマスター版

子供の頃に見たアニメは私の人格形成に多大な影響を与えている。「アルプスの少女ハイジ」はセント・バーナードを見るとヨーゼフと呼んでしまう条件反射を植え付けたし、「キャンディ・キャンディ」は王子様が金髪碧眼だという刷り込みを作ったし、「トム・ソーヤーの冒険」は木の上の家に永遠の憧れを持たせる事になった。

そして「未来少年コナン」である。
ナウシカと同じ決めポーズ(笑)。

このアニメの原作には悪の帝国ソ連に対して自由の国アメリカが正義の為に戦うというような主題があるらしい。しかし、アニメはまるで違う話だ。帝国ロシアとボリシェビキの物語のようだ。夢物語的に共産主義への憧れを反映していると思う。考え方は資本主義とは真っ向から対立している。個人が必要以上に金持ちになって権力を持つ事を完全に否定している。完璧に左寄りだ。こういう左寄りな思想に貫かれたアニメをどっぷりと感情移入しながら見ていたら、そりゃー左寄りにもなるはずだ。中学になって社会科で勉強したソ連の計画経済というものに平等を感じたものだったが、発想は良いはずなのにどうして共産主義っていうやつは独裁者を生むのだろう。惜しいよなー。極端な一党独裁・中央集権体制が悪いんだろうけどね・・・。

このアニメには私が好きな宮崎アニメの要素が全て詰め込まれている。空と雲と海、少年が少女を救い、世界を救う。ルパンの場合、おっさんですが。とにかく、少年と少女はお互いを信じて一瞬たりとも疑わないのが強烈だ。それほどの確固たる信頼は大人になってからでは非常に難しい。大人の事情が絡んで単純ではなくなるから(笑)。理念や主義や大義とは無縁の私利私欲に走らない無邪気な子供でないと見ていても白けるだけだ。

理屈をつけなくてもこのアニメは素直に楽しいから良い。コナンとジムシーの超人的な体力を見るだけでも笑える。そして声優の演技が素晴らしい。レプカを演じた家弓家正さんの声が大好きだ。クロトワだ、クロトワ(笑)。なんて魅力的な悪役が似合う声なのだろう!

HDリマスター版が連夜放送されたので録画できた。永久保存決定。贅沢を言うと4:3の画面でリマスターして欲しかった。