ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

フィリップ・シーモア・ホフマン

良い役者がいなくなってしまいました。
なんて惜しい人だったんだろう。

若い頃にドラッグ依存症になった経験があり、近頃また処方薬から再び依存するようになったというようなニュースを読んで心配していましたが・・・。「あの頃ペニー・レインと」で演じたレスター・バングスを踏襲してしまうなんて。

遺体は注射器を腕に射したままだったというのも衝撃的でした。
ああああ。
何度でも書きたい。
なんて惜しい人だろう。

ご冥福をお祈りします。