ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

納涼

お盆の時期にお寺で幽霊画を一般公開する所があります。
ニュース等で幽霊画で涼しくなりましょう的に紹介されるのを見ていると、確かに冷や汗が出るような絵があります。

パリのカルナヴァレ美術館で前を通り過ぎようとして思わず立ち止まり二度見した絵がありました。描いたのはジャック・エミール・ブランシュ。

モデルはヴィルジニア・オルドイーニ

幽霊画なのかと思う程、そら寒いものを感じました。全身真っ黒で喪服なのでしょうか。全く力のない虚ろな目には絶望しか感じない。思い出してもゾワゾワしそう。