ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Kashmir

先日、ビザの更新をするのに夫の勤務先の総務の男性と一緒に血液検査に行きました。多分まだ20代前半の若くて顔も可愛らしいお兄ちゃんです。きっと彼のお母さんは私と同い年くらいだ。ただね、スパイシーな香水は付け過ぎたらだめだよ(笑)。こっちの鼻がバカになる。

で、その血液検査の待合室がもの凄い混雑で延々と待ったのです。1時間半くらい待った。「日本人は辛抱強い。だから辛抱強く待つしかない!」と言ったら、なはははと笑っていた。恐らく会社で日本人の粘り強くしつこく残業する姿を見て、あいつらなんでそんなに仕事ばっかりするんだろうと感じているのでしょう。

何度も何度もまだなのか、なんでそんなに時間がかかるんだ!と苦情を入れる南アジア系男性や白人男性がいました。南アジア系の男性には、そんな長々と文句を言ってたら係の人が仕事できなくて余計に時間がかかるから苦情は簡潔に!と言ってやろうかとも思いましたが・・・。文句言ったって順番が早く回るわけでもない。公的機関に関しては袖の下を渡して順番を飛ばしてる人をドバイで目撃した事がありません。そういう意味では公平だと思う。外国人の間だけで公平なのかもしれない。ここに地元の人達が入ったらどうなったもんかは知らない(笑)。勿論、公的機関以外では文句言ったもん勝ちです。

空港のパスポートコントロールで長い列に並ばず済むよう「E-Gate Card」を作った時もそのお兄ちゃんが付き添いでした。その時は同行する人が何人もいたので話す機会がなかったのですが、先日は私だけで時間が有り過ぎたのもあって世間話をしたのでした。彼の英語はやはりインド訛りなのですが、それ程きつくなくて聞き取れたので会話が成り立ったのかもしれない。いやもう、インド訛りすごいんだって。インド人タクシー運転手のおぢさんから、お前の英語は日本人じゃないみたいだな、聞き取りやすいよ、と言われた時、確かに褒められたらしいのですが素直に喜べなかった。いや、あんたの英語は聞き取り難いから・・・。

今日は珍しく曇りで涼しくて(朝9時で35℃だけど)良かった!とか、去年は砂嵐いっぱい来たのに今年は来ないねとか、ドバイならではの世間話でした。地元はどこ?と聞くとケララという答えが返ってきたのです。おおおお、あのインド洋に面した美しい砂浜!と、私がケララを知っていた事に驚いた様子でした。ケララ知ってるよー。リゾート地だし有名です。親戚が住んでいるらしくカシミール地方の話になり、パキスタンとインドの国境だよ、と教えてくれました。えー、知ってますとも、カシミール。国境紛争でえらい事になってニュースに頻繁に登場するずっと前から知ってます。なぜならLed Zeppelinの曲にあるからさ。ほんとは王子がサハラ砂漠に刺激を受けて書いた詩だからカシミール地方ってわけじゃないんだけど。

そのお兄ちゃんにLed Zeppelinって知ってる?と訊ねると、え、なに?と聞き返されてしまった。す、すまないねぇ、変な事聞いちゃって。これがジャック・ブラックだったら待ってましたと話が弾んだのでしょうが(笑)。どうやら初めて聞いた模様です。ボーカルだったロバート・プラントはインドかぶれの、つか、元嫁がインド系だったのに、前世紀のバンドの事なのでさすがのインド人でも20代の若者には認知度が低い。生まれる前に解散していたバンドだもんな。無理もない。王子、今年前半はメリケンツアーで忙しかったようですが、ドバイに来てくれませんかね。

一瞬、何がおかしいのか分からないくらい自然です。
さすが(昔の)王子、ピンクの口紅とアイシャドウが似合う。

王子、誕生日おめでとう!