ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Downton Abbey/S3 - Christmas Special(2012)

【ネタバレ警報】

美味しいところはマギー・スミスシャーリー・マクレーンが持って行った。貫禄が違う。
すげー。大女優二人でぶっちぎり独走(笑)。
というか、このドラマは経験豊かな女優達が素晴らしい。

群像劇ですが、やはり主役はメアリーとマシューです。なのに私にはメアリーがどう頑張っても魅力的に見えない。伯爵家の長女に生まれその責任と誇りから気丈な女になったわけですが、何しろ可愛げがない。可愛げのない女は余りにも可愛げがないとそんなに突っ張らなくても良いじゃないかと不憫に思えて、そこが可愛く見えたりするものです。それなのにメアリー、なんだか好きになれない。困ったもんだ。

クリスマス・スペシャルでマシューが死んでしまうのをうっかりどこかのブログで読んでしまって驚きましたが、ダン・スティーヴンスがこのシリーズで降板する話は前からありました。が、正直ここまでメロメロソープオペラのような終わり方を用意しているとはねー。役者との契約がドラマの行方を左右すると、脚本家がどれだけ面白い展開を考えていても反映出来ない事もある。役者の降板やらで苦労しているらしい脚本のジュリアン・フェロウズが特にクリスマス・スペシャルはイギリス製ソープオペラの王道を行くような終わり方と言っています。2011年のクリスマスはクリスマスらしくマシューがメアリーにプロポーズしてめでたしめでたしで幸せな気分で眠れたのに、2012年はマシューーーーーと泣きながら眠らなければならないね、と笑っていました。苦しい良い訳っつか(笑)。要するにフェロウズは大金を掛けて壮大な一族のソープオペラを作っているわけですな。

一番好きなカップル、アナとベイツは漸くこのシリーズで平穏に暮らせるようになります。これだけ見られただけでもこのシリーズは満足かもしれません。ただねー、切ない二人を見るのが好きだっただけに、これから何を楽しみにすれば良いのかと思っていたら! イーディス! 大穴です、イーディス!

イーディスはどこまで男運が悪いのか。
サー・アンソニーとイーディス。お似合いだと思うんですけどね。
三姉妹だとどうしても比べられます。女に生まれた哀しさは別嬪かどうかが人生に大きく影響を及ぼすと言う事です。別嬪の姉と妹に挟まれると次女は見劣りする。そして未婚の女はベッドで朝食は食べられない。未婚の女はちゃんと朝早く起きて朝食用の食堂へ食べに行かなければならないのだ。家の中でも明確に差別される。
親子程年の離れた片腕が不自由な男と結婚しようとしたら、結婚式で逃げられたイーディス。しかし相手のサー・アンソニーの気持ちも分かる。イーディスには自分が相応しくないと必死で遠ざけようとしたのにイーディスが可愛くて仕方なく、ついつい結婚しようとしてしまう。土壇場になってイーディスとの結婚を思いとどまります。その瞬間で思いとどまるのは残酷過ぎるけど。しかもですよ、この大失恋の後に登場する男がまたまたねー、精神を病んだ嫁を持つ男。あああああ、イーディス、どこまで男運がないんだー。

正装でのディナーがある大切な日にオーヴンが使い物にならず食事が用意出来なくなる。さあ大変。皆が皆右往左往するのにレヴィンソン夫人(シャーリー・マクレーン)が百戦錬磨の執事カースンやヒューズ夫人をお手並み鮮やかに仕切ってしまう所が痛快です。誰にも止められない。暴走機関車のレヴィンソン夫人はレディ・グランサム(マギー・スミス)でも止められない(笑)。そのレディ・グランサム、白い蝶ネクタイで正装しているはずの息子が黒い蝶ネクタイなんかしているものでついうっかりとお酒を頼もうとします。

あら、ウェイターかと思ったわ。

伯爵、困惑しまくり。
母にウィエターと間違われた伯爵の息子。
ぶははははは。これ何度見ても笑い転げます。

この親子の会話がいつもピリリと皮肉が利いていて最高です。イーディスの結婚式当日になって、イーディスの人生は老人に尽くして終わりよ、と愚痴る母に、どうして今になってそんな事を言うんです?と尋ねる息子。

だから私が言ったでしょう!と後で言いたくないからよ。

またも息子困惑。このヒュー・ボネヴィルの困惑した顔がなんとも良いんです。女だらけの中でいつもいつも女の我が儘に振り回される伯爵(笑)。でもね、母の言う事はいつも正しいのだ。自分でも、私は決して間違わないのよ!と言えるはずだ。

ところで、シャーリー・マクレーンはベイツを演じるブレンダン・コイルが大のお気に入りだそうです。共演シーンは殆どなく撮影中に顔を合わせる事はなかったものの、アメリカでの放送のキャンペーンで訪米した時にブレンダンを自宅に招いたそうな。ブレンダンの方は顔を合わせて心の中で「シャーリー・マクレーン! シャーリー・マクレーン!! シャーリー・マクレーン!!!」と舞い上がったらしい。若い頃は共演俳優とよく恋に落ちたシャーリー・マクレーンですよ。あと20歳若かったら絶対言い寄ってたはずだ。さすが大女優、男の趣味が良い。S4にも出演が決まったので、二大女優の演技合戦が見られます。ブレンダンはS4が彼のこれまでの出演作の中で最高のものになったとフェロウズに感謝しているくらいなので、次のシリーズは期待大です!