ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

バイヤー

いつから運び屋の事をバイヤーと呼ぶようになったのでしょうか?
最近、日本語のHPに表示される確率の高い広告があります。

「バイヤー募集」

海外から日本のHPにアクセスしていると、この広告が表示されるようになっているようです。海外駐在者や海外旅行中の人へ向けて、現地で買い付けをして、つまりバイヤーとして働いてもらい、バイヤーを募集している会社に会員登録してそのWebショップで売りに出す。副業で稼ぎませんか?と美味しい謳い文句が並びます。しかもオークションだったりするのだ。その手があったか(大笑)。

この会社はHPを良く見ると古物商の許可を受けている会社でありました! 個人で買ったモノを新品ではあるものの、中身を確認する為に包装を解いたので新品ではなく古物として転売するということなんでしょう。こうすると販売元もいちゃもんつけられないのかもなー。

で、このバイヤーですが、早い話が運び屋です。どのくらい法的に大丈夫なのかどうかですが・・・。そこは会社にも色々とあるでしょう。個人で買ったモノを転売目的で流通させた場合、特に違法ではないのでしょうが、もし正規代理店を通さずに流通してるのがバレたら、販売元からどやされるのは間違いない。ただ、転売するにしても関税をきちんと納めたかというのが問題でしょう。申告せずに納税義務を怠れば違法です。ただ、買った方は問題ないのか。

昔から運び屋のバイトは良く耳にします。買い物が好きな人ならこんなに楽しいバイトはないのでしょう。しかしねー、やはり限りなく黒に近いグレーなバイトです。並行輸入品というものを良くWebショップで見かけますが、これも合法なのかどうか怪しい所もあるでしょう。つまるところ、密輸にあたるかどうかって事です。

需要と供給。
なんとかして買いたい人と売りたい人がいるのだなぁ。