ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Don't Dream It's Over

夢を見るな♪とニール・フィンがオーストラリアニュージーランド訛り*1で「Don't dream it's over」を歌います。この曲が収録されているバンド名を冠したファースト・アルバム「CROWDED HOUSE」が大好きで、当時テープにダビングして擦り切れる程聞いていました。実は未だにiPhoneに入ってるのだった(笑)。そしたら、ニール・フィンが「ホビット」のエンディングの曲を歌うんですと!

PJやるなー。

アニー・レノックスが「王の帰還」のエンディングで歌い出した時も嬉しかったのですが、今回もかなーり嬉しい。マーティン・フリーマンは筋金入りのモータウン通みたいですが、音楽に凝った作品に登場する事が多い。「銀河ヒッチハイクガイド」ではニール・ハノンが「イルカの歌」を歌ってたりする。いやいや、これには本当に参りましたから(笑)。

もう夢を見るなと言われても、期待して夢を見てしまうなぁ。

*1:オーストラリアのバンドだったのですっかりオーストラリア訛りだとつい最近まで信じていました。そしたらどうよ!ニール・フィンはニュージーランド出身です。ピーター・ジャクソンが「ホビット」で歌って欲しかったのは同じニュージーランド人だからなのですよね。恐れ入りました。