ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

ホビット - スランドゥイル

心配していたリー・ペイス(←)ですが、どうやら心配する必要はないようです。
ホビット」の出演者は楽しみな人ばかりですが、中でもリー・ペイスには大きく期待しています。

”なんでこれに出ようと思った???”と言いたくなる、見たいと思わせる映画が少ないリー(笑)。「プッシング・デイジー」を見て逸材を見つけたと思ったものの「落下の王国」以外の出演作を殆ど見ていない! だからこそ「ホビット」には期待しているわけです。何しろスランドゥイルですから。レゴラス父ですよ。注目されるに決まってる。って、ファラミアみたいになってたらがっかりするから余り期待しないでおこう、等と心は千々に乱れ・・・(笑)。

ゲジ眉君のチャームポイントはそのままに、スランドゥイルを象徴する色である所の銀色を全体に使ってありますね。髪はプラチナ・ブロンドでゲジ眉はそのまま自前のようです。でもって気を抜くとすぐに八の字眉になって困ったちゃん顔になるのを防ぐ為、ゲジ眉は念入りに10時10分の方向に整えられている様子。これはメイクさんの腕の見せ所でしょう!

リチャード・アーミテージアーミティッジ*1のトーリンは当初の画像に比べるとドワーフ風味が薄れていて、リチャードの素顔がきっちり分かるようになっています。ドワーフにしては美人過ぎますが、あんな美人を特殊メイクで隠したら勿体ない。

色々と期待が大きい「ホビット」ですがどうやら日本では見られそうにない。げげっ。アラビア語字幕でマナー最悪のドバイの映画館で見るのは嫌だなぁ・・・。「ホビット」にはドバイのお色気駆逐省がカットするようなシーンはないと思うのでカットはされないでしょうが、如何せん日本語字幕なしで見るのは無茶だと思われ・・・。原作を再読しておかない事には、話に付いて行けない(汗)。

*1:日本でも本来の発音に近いこちらが定着してきたようなので訂正します。