ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

女王陛下をエスコート

ロンドン・オリンピックの開会式、相当面白かったようですね。ドバイでもどっかのスポーツチャンネルで放送したんでしょうが、夜中の放送だったので寝ちゃったんだよなぁ。録画できれば録画したんですけど、レコーダーがないので。

今回のロンドン・オリンピック、テロの予告もあったそうでハリー・ピアースは大忙しでしょう。地対空ミサイルもロンドン周辺にぐるりと配備したんですってねぇ。すげーなぁ。お金かかってるなぁ。オリンピックが引き金になって第三次世界大戦とか止めて欲しい。でもオリンピックのお陰様で「007/スカイフォール」は間違いなく大ヒットでしょう。女王陛下をエスコートして登場したなんて、しかも一緒にヘリからダイブよ。見たかったなぁ、これ。

007のプロデューサーは一体いくらロンドン・オリンピックにお金くれてやったんでしょうか。でもこの宣伝効果は計り知れません。絶対に逃してはならない絶好の機会でしたね。オリンピックが商業主義に走り過ぎていると反省していたような気がしますけど、世界中を巻き込んだお祭り騒ぎなので仕方ないような気もします。

ところで、007の所属はSIS(MI6)です。本来テロ対策の為に英国国内の治安にあたっているのはSS(MI5)です。しかもね、テロ対策っつったらね、セクションDなんですよ。ハリー・ピアースなんですよ。だから女王陛下をエスコートするなら本当はハリーじゃなきゃいけないのだ! ま、ダニエル・クレイグなら世界中の人が分かるでしょうが、ピーター・ファースが出てきたら英国外の視聴者の99%は実際のセキュリティ担当の偉いおっさんとしか思わないでしょう(汗)。ジョークが分からないくらい寂しいものはないので、きっとスポンサーとしてお金をたんまりくれたブロッコリー女史の顔を立てて007だったんでしょうね。ちぇっ。