ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

農夫ジャイルズの冒険/Farmer Giles of Ham

J・R・R・トールキンの短編に「農夫ジャイルズの冒険」というのがあります。未読ですがタイトルだけは知っていました。しかしその原題「Farmer Giles of Ham」は今日初めて知りました。

ぶわははははは。

失礼しました。なぜこんなに大笑いしているのか。

「Spooks/S4 ep4」でハリー・ピアースがバハールの王子を脅しに行く時に使う偽名があります。それがGiles Farmer(ジャイルズ・ファーマー)です。この偽名がいつも何か引っかかっていました。なんで引っかかるのか分からなかったんです。でもそれが「農夫ジャイルズ」だったわけです。「農夫ジャイルズの冒険」の原題を知っていたらさっくり結びついたのでしょうが。先ほどリチャード・アーミテージアーミティッジ*1のファンサイトを見て引っかかっていた謎が解けた次第です。いやいや、爆笑してしまいました。こういうの楽しくて仕方ないです。

えへへ。ほんとは僕がビルボです。
「Spooks」の脚本家は当然この本の事を知っていたに違いありません。ピーター・ファースに偽名で農夫ジャイルズを演じさせるとは、なんと素晴らしい思い付き。なんたってピーターはどっからどう見てもホビットですから。丸顔に丸い鼻、おちょぼ口に二重顎、金髪くるくる天然パーマ、ハンプティダンプティのようなずんぐりむっくりな体ときたもんだ。ビルボ・バギンスをイアン・ホルムじゃなくてピーターが演じてたらと思うと楽しくて仕方なくなってきた(笑)。今度「LOTR」を見る時にはイアンの顔をピーターだと妄想しながら見たいものです。となると、ピーターの若い時をマーティン・フリーマンが演じるわけですよ。イアン・ホルムよりピーターの方が説得力あるんじゃね(笑)。

*1:日本でも本来の発音に近いこちらが定着してきたようなので訂正します。