ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

検索語

検索して色んなところを見て回りますが、自分の書いたものにどういう経緯で辿り着いてこられるのか知るのは面白いです。ピーター・ファースの検索語で辿り着く人が去年はちょこちょこありましたが、そのうち何パーセントが後ピー好きなのか? そもそもピーター・ファースで検索しようと思ったのはどうしてなんだ。単に「この役者巧いなぁ」と気になったので検索してみたら「え? メタボで禿げたおっさんに惚れたってこの人どうしたの???」とか突っ込まれてそうです。

しかしです、日本ではまるで人気が出るとは思えないメタボで禿げのピーターですが、イギリスでは非常に熱心なハリー・ピアース支持者がいて、ピーターはGorgeousとか言われてます。Gorgeousですよ。言っておきますが嘘じゃないです(笑)。イギリスでは、姿形が整った見た目の良い人イコール魅力的な人、ではないようです。その人が魅力的ならばメタボだろうと禿げだろうとまるで気にしない。許容範囲が広いです。言い訳してるみたいですけど、誰に向かって言い訳してるんだろうか。

ルースも思わず見惚れるゴージャスなハリー(笑)。
なぜ笑うんだ。笑うとこじゃないぞ。

このブログに漂着する方の検索語には、なんでそんなのでここに来たの???と思うようなものがあります。なんだったっけなぁ、「筋肉」ともうひとつ何か思い出せないですが、ブログに何を書いているんだ?と自分で不思議に思うような検索語だと面白いです。「もみあげ」と「伯爵」で検索してここへ辿り着くって一体何をお知りになりたかったんでしょう(笑)。

ベネディクト・カンバーバッチ」と「MI-5」の検索語でこちらへ辿り着く人がいらっしゃいました。確かにベネちゃんはSpooksに出演しています。S2/ep1で尋問されても自分の状況が把握できてないちょっとお間抜けな役でした。ほんのチョイ役ですけども覚えてるということは、やはり面白い演技だったからですね。ここ数日は「MI-5 シーズン9」の検索語が圧倒的に多いです。圧倒的と言うほど訪問者があるわけではありませんけども(笑)。

「大佐が素敵」と「説得」の検索語でここへ辿り着いた方はここへ辿り着いて一体どう思ったんでしょうか。ルパート・ペンリー・ジョーンズの「Whitechapel」の記事を読んで頂いたようですが、「説得」のウェントワース大佐が素敵だと思われての事ですから、原作の事が知りたかったでしょうに。気の毒。間違ったところへ来てしまったようです。

検索したい内容ではないものの偶然面白いサイトを見つけると嬉しいですが、がっかりすることも多い。ここへ辿り着いた人が失望して去らない事を願いますなぁ。