ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

テス

「テス」でもナスターシャ・キンスキーではなくジェマ・アータートンの方です。これ、LaLaTVで以前放送された時に見てたんですが、また放送されてるみたいで昨日、偶然第1話を見ました。

ところで、← ジェマ・アータートンって美人なんですか?
ボンドガールだし、テスだし、ペルシャのお姫さんだっけ?だし、美人の設定ばかりですね。「オースティンに恋して」でリジー・ベネットを演じてたのは溌剌としてて似合ってたしとても好きだったんですけど。ただなぁ、純真無垢で世間知らずなちょっとお馬鹿さんというのは良いんですけど、美女でないとなぁ。農場で働く女たちの中でぼろを着ててもはっと目を引く美女でないといけないわけですよ。でもね、ジェマちゃん、ぼろが似合ってるんだもんなぁ。溶け込んだらいけないんですが、溶け込んじゃってます(笑)。スタイルは良いんですけどねぇ。残念ながら華がない。

テスは男を惑わすタイプの美女ですよ。←のナスキンの印象が余りにも鮮烈なので比べてしまうのは卑怯かもしれないけど。ナスキンのあの頃の美しさは常軌を逸してますから。

そうは言っても総じてこのドラマ、非常に出来が良くて一気に見せます。トーマス・ハーディの救いのなさっていうのが押し寄せて全てさらっていきます。エンジェルを演じたエディ・レドメインはこの役にほんとに合ってるなぁ。あの儚げな全く頼りにならなそうな子犬みたいな顔がねぇ。ピーター・ファースも若い頃はこの捨てられた子犬系の顔だったからこの役がぴったりだったわけです(笑)。エディ君は「ブーリン家の姉妹」でスタフォードを演じてて、BBCのドラマ版で同じ役を演じたフィリップ・グレニスターと余りの違いに愕然とした覚えがあります(大笑)。映画とドラマではこのキャラクターの狙いが違ったということなんでしょうけど、先にフィリップを見てたもんで驚いたなぁ。

「Spooks」でジェニー・アガターが演じたテッサという役はMI5をクビになった後でハリーに復讐します。この復讐が凝ってました。テッサ(テス)がハリーに送りつけてきたビデオでトーマス・ハーディの「テス」を引用します。役名がテッサ(テス)で、ピーター・ファースが「テス」でエンジェルを演じていたのを知ってるとこのシーンは俄然面白くなる。ま、私の場合、エンジェルがピーターだったと気が付くのに時間がかかったんで、偉そうなこと言えないけどさー(汗)。