ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

One good reason

ピーター・ファースがTop Gearに出演したのをまだ日本にいる時に偶然見ていたんですが、YouTubeで見つけたので何度も見てしまいました。やっぱり面白い。「Spooks」の番宣での出演だったようでルパート・ペンリー・ジョーンズと一緒です。司会のジェレミー・クラークソンに二人とも大いにおちょくられて楽しそうです。

ルパートは親が誕生日プレゼントに買ってくれた車が自分とはキャラが違うとがっかりした、なんていう期待通りのおぼっちゃまエピソードを披露してくれます。ここでジェレミーの嫌味炸裂。「キャラが違うって、君のキャラはHorse man character(白馬に乗った王子様キャラ、というのと、女たらしっていう意味があるような?)だろ!」

ピーターはジェレミージェニー・アガターとの話を振られて話し始めますが、オチが最高。

何年も前にジェニーとは一緒に映画を撮ったことがあるんだよ。あるパーティで彼女に言ったんだ。お酒もだいぶ飲んでたしね。"Can you give me one good reason why we don't go back to my hotel room?(僕たちがどうしてホテルの僕の部屋に戻らないのか、もっともな理由がある?)" すると彼女は "I can give you several! (いくつもあるわよ!) それできっぱり終りだよ(笑)。

ジェレミーがジェニーの答えを殺し文句と言ってますが、ほんっと、秒殺ですね、一刀両断。ジェニー、すごい。ピーターを断れるってすごい(笑)。Spooksでのキャラのテッサみたいだ。一緒に映画を撮ったというのは「エクウス」の事でしょうが、ジェニーを口説いたのは別の年と言ってるのでいつ頃の事なんでしょうかね。

しかしこれより可笑しかったのは運転すると人が変わるピーターです。♪That's the way, aha aha, I like it♪とノリノリでKC & The Sunshine Bandのヒット曲を歌ってしまうピーター。"なんで俺、こんな曲歌ったんだよ・・・"って感じでルパートに突っ込まれ恥ずかしくて落ち込むピーターが可愛過ぎる。

肝心のラップタイムですが、ルパートよりもピーターの方が1秒くらい早いという、人は見かけで判断してはいけないという言葉を証明する結果でした(笑)。ピーターはやるときゃやる男なのだ。